[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

限界か?ベビーバス (生後155日 5ヶ月と2日)

2006/02/28(火) 17:31:50 [ベビー用品(抱っこ紐・ベビーカーその他)] #

昨日のお出かけが、意外にコタエタらしく。
廃人のようになってしまう。
昨日の日中は、さほどではなかった花粉症状が、昨夜、ベッドに入ってから炸裂。
夜中に、何回か鼻をかんだような記憶があるのだけれど、よく覚えていない。

二世クンはというと、やはりお出かけが疲れたのか、日中も割りと良く寝ていた。
今日は、夫の帰宅が遅いために、夕飯一人な私。
ぶらぶらと出かけて、牛肉を買い込んで、肉じゃがを作った。
そして、お肉ばっかりをすくって食べてみたり。
残りは、明日のお昼(夫のお弁当と私のお昼)にと。

夫の帰宅が遅いとなると、二世クンのお風呂が問題になってくる。
一人で入ってくれるのは、まだ遠い未来のこと。
実家が近ければ、応援を頼めるのにな、と思ってみたり。
昨年、里帰り先から自宅へ戻ってきて、夫が居ない初めての晩、という場面で。
大きなお風呂に私が入って、二世クンを一人で入れてみた。
入れている最中などは、問題ではないのだけれど、出た後が問題だった。
お風呂から上がる最後は、“ナニがナンデも100数えてガンガン熱く焚いて卒倒しそうなくらい暖まって”出ないと風邪をひく私。
もしかしたら、ぬるいお風呂に短く入る練習でもすれば、風邪なんかひかなくなるのかも知れないけれど。
二世クンが一緒だと、“100数えて暖まる”は不可能だし、出てすぐに二世クンを拭いたり洋服着せたりなどして、自分の髪を乾かしたりなどが出来ない。
で、そのときは結局風邪をひいてしまった、ヘタレな私。
以来スッカリ懲りてしまって、一人の夜は、未だにベビーバスを使用している。
それからは、割とベビーバスでおとなしく入っていた二世クンだった。

が、最近様子が変わってきて。
首がすわってしまったので、ベビーバスに入れると、首を前側に曲げて、起き上がりこぼしのような動きをする二世クン。
上から沈めても、ベビーバスのお湯に体がつからないし、ツルリと落っことしそうになるし、何より重たくて仕方が無い。
そろそろベビーバスは限界かなぁと思っているのだけれど。

どうしたもんかなぁ。
バスローブを用意すれば解決するかなぁ、最後に私が“100”つかっている間、お風呂の椅子などに縛り付けておけばいいのかなぁなどと、ぐるぐると思案。



感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ







スポンサーサイト

Permalink | Comment: 7 | Trackback: 0

2人で遠出 (生後154日 5ヶ月と1日)

2006/02/27(月) 21:49:10 [乗り物] #

どうしても、銀行の名義変更をしなければならなくなった。
数日前に電話をかけて確認したところ、契約した銀行の支店へ、本人が必要書類を持参しなければならないとのこと。
ナンダカンダと、必要書類集めに奔走した先週だった。

起きてみたところ、とりあえず雨は降っていない様子だったので、決行を決意。
洗濯をしたりなど、色々片付ける。
最後にシツコク銀行へ電話をかけて、書類の確認をする。
午前中に出ようと思っていたのに、出るのが昼過ぎになってしまう。

昼寝から覚めた二世クンをベビーカーに押し込み、駅まで急ぐ。
エレベーターを必死で探して、電車に乗り込む。
そんなに混雑していなくて安心。
さっき、昼寝をしたばかりの二世クンは、眼がギンギン。
電車の旅を楽しんでいる様子だ。
乗り換えもスムーズにいき、目的の駅に到着。
エレベーターを探すが、無い。
ベビーカーをたたんで抱っこで階段使うか、と、諦めかけたとき、雑居ビルの一角らしきところに、エレベーターを発見。
通りすがりの、おじぃさんやらオバハンやらが使用している様子。
ベビーカーをたたむことなく、目的の銀行に到着できた。

必要書類を全部提出し、待つ。待つ。そして待つ。
しかし暑い銀行だ、気チガイ暖房だ。
ようやく番号を呼ばれて、手続き。
「お待ちください」と言われて、再び、待つ。待つ。待つ。
最初は、おとなしかった二世クンだけれど、しだいに演説を始める。
「ア~~ヴ~~、プププッ」と、つばを飛ばしてみたり。
そのうち、「ひゃ~おぅ」と、驚くように甲高い奇声を発っしはじめる。
「やめてヤメテ止めてください」と、気が気でない私。
そして。
「うぎゃ~~~っ」と、涙をぼろぼろこぼして大泣きを始める二世クン。
私も泣きたくなってくる。

どうせ、ナニをしても泣き止まない二世クン。
が、ココは一応あやすフリなどをしてみる。
ベビーカーから抱き上げてみたり、クマちゃんを登場させてみたり。
しかし(予想通り)きーきー泣き止まない二世クン。
こりゃ困ったなぁと思っていると、銀行員に「まだまだ時間がかかるので、外出していただいても結構ですよ」(うるさいから外へ行ってね♪)と、言われる。

コレ幸いとばかりに、近隣のデパートへ。
ベビー休憩室へGO!
二世クンは、母乳を飲んで、即寝した。
「暑いよ!つまんないよ!お腹すいたよ!眠たいよ!」の嵐だった様子。

で、折角なので、ティールームなどへ出かけることに。
眠っている二世クンをヨソに、お昼などを頂いて、再び銀行へ。
店内へ入ったとたん、スイッチが入ったように起きる二世クン。

何とか手続きがすんで、終了。
せっかく都会へ来たので、ココはデパートなどをウロつかねばと思ったのだけれど、あまりに疲れたので断念。

いくつか電車を乗り継いで、地元駅に帰ってくる。
何故か二世クンは、電車の中ではおとなしかった。

無事に家に帰ることが出来て、何か偉業を成し遂げた気分の私。

しかし、ちっとも買い物が出来なかった。
ベビー休憩室にしか行ってないヨ、と、帰ってきた夫にぼやいた。



感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ





Permalink | Comment: 3 | Trackback: 0

5ヶ月 (生後153日 5ヶ月と0日)

2006/02/26(日) 17:36:24 [まとめ] #

今日で5ヶ月をむかえた二世クン。

『見た目』
少しふっくらしてきた。
背が伸びた。
60の洋服がパンパンになってきた。
オムツMを使っているけれど、太ももに線がつくような気配。
髪の毛が伸びて、前髪が出来た。

 『生活』
午前中は母乳オンリー。
午後になってくると、母乳だけでは足りなくなってきて、母乳+ミルク。
寝る前は、ミルクオンリーで、220ml飲むようになった。
夜は、続けて朝まで寝ることが殆どになった(21時半~7時)
朝は、私が起きると気配を察して一緒に起きるようだ。
朝、起きてもすぐ泣かないで、機嫌よく遊んでいることが増えた。

 『やること』
なんといっても、寝返りをするようになった。おきている時の大半は、腹ばいになって騒いでいる。
吐乳が減った、と思ったら、腹ばいになることでの吐乳が増えた。
一本だけ指をしゃぶるようになった(主に人差し指とか親指)
授乳のときに、首を支えなくても良いことが多くなった。
しゃっくりが減った。
授乳後、縦抱きにしてもゲップをあまりしなくなった。
そのかわり、腹ばいになった時に、おならのような大きなゲップをする。
怒るようになった。

 『声』
喃語の種類が増えた。
「あぶ~」「あぷ~」「まぁん~~」などなど。
声に、音程が出てきた。
ロングトーンで喋ることが増えた。
きゃっきゃっと声を出して笑うことが増えた。


などなど、数え上げればキリがないのだけれど、栄養不足ということはなさそうな感じだけれど、どうなのだろうか。


---------- キリトリ -----------

雨の日曜日、クルマを見に行った。
夫が一度だけ行った事のあるという、クルマ屋さんを目指す。
昨日行った公園を少し過ぎた辺りだとか。
軽い雨かと思ったけれど、結構な雨だ。
ベビーカーにレインカバーを被せて、歩く。
がしかし、凄い雨。
自分のかばんやら、ママバッグやらが濡れる。
しかし、歩けど歩けどつかない。
車道の横の歩道というものは、歩きにくい。
往来する車に、バシャンと水をかけられる。
そんな中、二世クンは何故か眠っていた。
「あとどのくらい?」「もう少しダヨ」
「もうつく?」「もうチョッとだよ」
などという会話がかわされるときは、「まだまだ遠い」が正解。
ヘロヘロになって、ようやく到着。

さて、試乗してみたのだけれど。
よく考えたら、最後に車に乗ったのは、昨年の11月に、里帰り先から自宅へ戻ってくるときに、乗ったタクシーが最後という有様な私。
あまりに久しぶり。
こわごわ乗車。
二世クンを膝の上に乗せていたのだけれど。
アッという間に乗り物酔いした。
たった、数分の道のりなのに。
二世クンはというと、そんな私をヨソに、外の景色に見とれて楽しそうにしていた。

かなりダメージを受けて帰宅。
元々、調子が悪いと乗り物酔いする私。
乗り物の中では、一番車やバスが嫌いだ(宇宙船&船は除いて)
苦手な車に暫く乗っていなくて、久しぶりだったのがいけなかったのだとは思うけれど。
スゴく自信をなくした。

乗り物、慣れなきゃいかんなぁ。
無免許なのが、酔う原因なのかなぁ。
免許を取れば、酔わなくなるかなぁと、弱気に思ってみたり。


感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ







Permalink | Comment: 6 | Trackback: 0

レジャーシート (生後152日 4ヶ月と30日)

2006/02/25(土) 12:30:57 [おんも] #

私の、鼻水、クシャミ、眼のかゆみは続行中。
薬箱をアサってみたところ、アレルギーがどうのこうのと書いてある点眼薬が発掘された。
使用期限は切れておらず、『妊婦はダメよ』としか書いてなかったので、使用してみる。
目の玉を取り出して、ママレモンで洗いたい気分だったのだけれど、少し良くなったような気もする。

そういえば昨日のママ友達の訪問。
彼女は、布袋からサッとおもちゃを次々取り出しては、子供に与えていた。
その中に、ひよこクラブの付録についてきたという、アノ布絵本があった。
買っていない私は、興味津々で見つめる。
カラフルな絵が描いてあり、中にビニールが仕込まれているのか触るとガシャガシャという音がする。
思わず「ほぅ」という顔をして見つめてしまう私。
と、二世クンを見てみると、ねじ切れんばかりに首を捻じ曲げて、布絵本を凝視している。
親子で、物欲しげに見つめてしまった。
ママ友達は、その様子を見て大笑い。
「貸してあげるよ」と、布絵本を二世クンに。
猫じゃらしを目の前にぶら下げられた猫のような動きをする二世クン。
素早い手の動きで、本をつかまえる。
浅ましいな・・・。
布絵本をつかんで、広げては閉じて、ガシャガシャと音を出し、自分も奇声をあげている。
放っておいたら、いつまでもやっていた。

さて、いつまでもお借りしているわけにもいかないので。
「そろそろおトモダチに返そうね」と、布絵本を取り上げる。
とたんに、顔を真っ赤にして、ぎぇぇ~っと泣き叫ぶ二世クン。
余程、布絵本が面白かったのだろう。
かわいそうだったけれど、ママ友達にお返しした。
かわりに、ふりかけの袋を持たせたのだけれど、そちらも口に入れて舐めだしたので、慌てて取り上げる私。
顔を真っ赤にして、ぎゃ~~~っと泣き叫ぶ二世クン。
かわりに握らせたクマちゃんを握り締めて、身体をわなつかせている。
「ブルブル震えているよぅ」と、ママ友達。
“怒り”なのだろうか。

こんなこと、今までになかったのに。
まるで、私の妹の小さい頃を見ているようだ。
自分の要求が出てきたのだろうなぁと、思った私。
ひたひたと、自分たちに近づいてきている感じがして、少々オソロシイ。


---------- キリトリ -----------

今日、晴れていたので、近くの割と大きな公園へと出かける。
先日、レジャーシートを衝動買いした私。
外でオムツをかえるときに、下に敷くものを~と買い求めたもの。
まだ動かないし、狭くてもいいかと、『一人用』と書いてあるものを購入。
その上に、二世クンを転がしてみた。





レジャーシート1




おんもで、寝転べてご満悦の様子。



家の中では、始終寝返りをして腹ばいになっているので、外でもそうかと思った我々だったけれど。
“赤ちゃんは慎重”の言葉通り、全く寝返りはしなかった。
地面が傾斜していたり、固さが家とは違うことに、違和感を感じたのだろうか。


数時間ゴロゴロして、帰宅。
夜は、220ml作ったミルクを、140mlしか飲まずに寝てしまった。
その後1時間程して、ひゃ~っと泣いて起きて。
ためしにミルクをやったら、眼をつぶって半分寝たまま、90mlほど飲んで寝たらしい。

二世クンも疲れたようだけど、親のほうも疲れるなぁ。



感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ

Permalink | Comment: 3 | Trackback: 0

寝返りゴロゴロ、初めての横向きねんね (生後151日 4ヶ月と29日)

2006/02/24(金) 20:45:37 [一号(二世)] #

朝目覚めると、立て続けに5回ほどクシャミが出る。
朝はスッパリ起きられない私だけれど、コレでは目が覚めてしまうというもの。
クシャミをして鼻をかんでいると、二世クンも起きる。
どうして起きるのだろうか、寝ていてくれればいいものを。
何故か私が起きると一緒になって起きるような気がするのは、気のせいかな。

午前中、洗い物などをしていると、二世クンのオタケビが聞こえる。
ナンダロウと見に行くと、仰向けから腹ばいに寝返りをした様子。
放置しておくと、上げていた顔を下げて、じゅうたんに顔をこすり付けて叫んでいる。
再び、仰向けにする私。

その数分後、再びオタケビが。
又もや腹ばいになっている二世クン。
仰向けに、寝かせる私。

その数分後、再びオタケビが。
又もや腹ばいになっている二世クン。
仰向けに、寝かせる私。

・・・・・・



ということが、二時間ほど繰り返された。
どうも、腹ばい=危険!!という公式が刷り込まれている私。
腹ばいになったら目を離せないし、と思い込んでいる感じ。
家事が進まず、へとへとになってしまう。

少しお手洗いへ行くと。



寝返り1




腹ばいになって、嬉しそうな二世クン。
ソレを暫く放置していると、声が聞こえなくなって。
ナンダロウと見に行くと。




寝返り2



腹ばいのまま寝ていた。


暫く考えて、仰向けにしてみる。
ふにゃふにゃと寝ぼけている二世クン。


そして。



寝返り3




横向きで、1時間ほど寝入ってしまった。
誕生からこれまでは、仰向けで天井を向いて両手をバンザイでねんね、だった二世クン。
横向きで寝ている姿を見るのは、初めて。
腕が下がっているなぁと、腕をつんつんつついてみたり。


午後になって、ママ友達と散歩をする。
雨が降りそうだったので、散らかり放題のウチへ来ていただく。
早速ゴロゴロ転がる二世クン。
大笑いする、ママ友達。


雨が降って、寒く、眼のかゆみやらクシャミやらは、少し良いようだ。
昨日行った、玉ねぎのみじん切り状態だったスーパーへ、今日も行ったのだけれど、何事も無かった。

やはり、花粉症なのだろうか。
嫌だなぁ。

---------- キリトリ -----------
いつの間にか腹ばいになっているときは。
気がついたら、あお向けにしてやったほうがいいのか。
苦しそうにするまで放置していていいものやら。
どうしたらいいのかなぁと、悩み・・・。
みなさん、どうしてますか~?


感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ



Permalink | Comment: 3 | Trackback: 0

鼻くそ (生後150日 4ヶ月と28日)

2006/02/23(木) 18:50:08 [私の体調] #

私の、クシャミ、鼻水、眼のかゆみは続行中。
なんだか悪化しているようにも感じる。
喉も、そこはかとなく痛いような。

そんな体調の中、役所へ出かける。
割と暖かい日だったので、二世クンは薄着に、私はマスクを。
ベビーカーに二世クンを乗せて、箱ティッシュも放り込む。
外へ出ると、もーとした風が吹いている、真冬の風とは少し違うような。

役所へついてみると、気チガイ暖房。
暑くてしかたがないので、コートを脱ぐ。
二世クンはというと、ベビーカーの中で、かっと眼を見開いて『がまん』という顔をしている。
旧姓のパスポートが使えることに、少しホッとしたり。
しかしこのパスポート、期限が切れる前に、新しい姓で取り直したほうが良いのだろうか。
とんと、パスポート関連に疎くていけない。

番号札を貰って、名前が呼ばれるのを今か今かと待っていると、二世クンがぐずぐず言い始める。
「よしよし」と言いながら、ベビーカーを押して周る。
が、明らかに暑くてぐずぐずの二世クン。
そんなことでは黙らない。
ぎゃーぎゃーと泣き始める。
私も、ぐずぐず言いたいほどの暑さだ。
で、役所の玄関に出て、玄関前のアスファルトを、ぐるぐるぐるぐるとベビーカーを押して周る。
ぐずぐず泣いている。
ぐるぐるぐるぐる周る、周る。
いい加減疲れてきたので、役所へ戻ると、マイクで私の名前が連呼されていた。
説明もロクスッポ聞かずに、帰宅。

泣いている二世クンに授乳をする(母乳+ミルク)
お腹がイッパイになり、機嫌がよくなる二世クン。
その隙にしめしめと、自分のことをはじめると、物凄い大泣きを始める二世クン。
抱き上げて、鏡の前へ行って「あぶ~」などと言って、あやす。
笑う二世クン。
浅はかだ。

機嫌のよくなった二世クンを再び放置して、自分のことを始める私。
暫くすると、相撲取りのような「うぅ~っうぅ~っ」という声が聞こえてきて。
「ふがふがふがふが」という音がする。
恐る恐る見に行ってみると、二世クンがいつの間にか腹ばいになっていて、床に顔を押し付けて左右にブンブン振っている。床に顔をこすり付けている感じ。
仰向けに寝かせていたのになぁと、一瞬ぽかんとする私。
今月11日に、初めて自力で寝返りをして以来、少し寝返りはお休みしていた感じだった二世クンなのだけれど。
「二世、寝返りしたの?」と言いながら抱き起こしてみると。





鼻くそ1




鼻の頭に鼻くそが付いていた。
さっき大泣きした時に、製造された鼻くそに違いない。


再び勇気を出して、買い物へ。
花粉症は、酷くなる一方のようで。
何の木だか分からないけれど、木が並んでいる通りに出ると、鼻の先で玉ねぎのみじん切りをしているのでは、という勢いで涙が出て、鼻水が垂れる。
痛くて開かない眼を一生懸命開けてみると、二世クンがベビーカーの中で寝ていた。
彼は花粉症、平気なのかな。



感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ



Permalink | Comment: 2 | Trackback: 0

乳首のサイズは? (生後149日 4ヶ月と27日)

2006/02/22(水) 13:34:49 [ベビー用品(抱っこ紐・ベビーカーその他)] #

昨夜は、ベッドに入ったとたんに胃痛に襲われてしまって。
二世クンを起こさないようにと、やたらに寝返りをしてしまった。
朝起きると、別段それほど痛くもなかったので、拍子抜け。
寝込まなければ、と思っていたのに。

クシャミ連発。
鼻水滝のよう。
眼は痒くてくしゃくしゃ真っ赤っか。

な、私。
花粉症かもしれない。

外に出ると、ますます酷くなるしで、おんもが億劫になりつつある。
二世クンをベビーカーで連れているとき、私がクシャミを連発した。
きゃ~っひゃっ、と笑う二世クン。
悔しかった。

---------- キリトリ -----------

哺乳瓶。
今のところ、ビーンスタークとピジョンを使っている。
ビーンスタークは、お産をした病院で使っていた。
退院して、ビーンスターク、ヌーク、ピジョン、と使っていたのだけれど。
ある日、ヌークを断固拒否するようになってから、ビーンスタークとピジョンしか使わなくなってしまった。
傍目から見ていても、ヌークは哺乳に努力が必要そうな感じがする。
安きに流れたな、という感じ。
ピジョンは、乳首が柔らかくて哺乳がいかにも簡単そうで、二世クンも楽に飲んでいるような。
夫と二人で、「ダメ赤ちゃん製造哺乳瓶」とか何とか、失礼な呼び名をつけている。

そのピジョンだけれど、Sサイズ(0ヶ月~3ヶ月くらい)の乳首を使っていて。
3ヶ月になってしばらくしてから、Mサイズ(3ヶ月~)にかえてみた。
すると、全く飲まなくなってしまって。
結果、Sサイズを使い続けている。

さて、先日。
ピジョンの乳首を洗っていたときのこと。
思わずズボッと、乳首を貫通させてしまった私。
つまりは、乳首をダメにしてしまった。
Sサイズ乳首を買わねば、と思ったのだけれど、Mサイズの乳首が使わずにあるのを思い出して。
今日、Mサイズの乳首を使ってみた。
一瞬、変な顔をした二世クンだったけれど、飲んだ。

まぁ、飲んだのだから、いいのかな。




感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ



Permalink | Comment: 2 | Trackback: 0

オムツで遊ぶ (生後148日 4ヶ月と26日)

2006/02/21(火) 14:01:27 [一号(二世)] #

今夜は、夫が仕事で帰ってこない。
次に帰ってくるのは、明日の夜。
月に一度くらいは、こういう日がやってくる。
そういう日は、積極的におんもへ出て外気浴をせねばと思った私。
がしかし、お昼頃に二世クンをベビーベッドに入れて、なんとなく自分も隣のベッドに入って。
頭が痛いし、身体が朦朧とするなぁと思ううちに、二人で寝入ってしまった。
ダメ人間だ。

起きると、二世クンがぐずぐず言っていた。
昼間は、母乳で頑張っている私。
母乳を与えてみる。
くわえて吸って、暫くするとぎゃーぎゃー怒り出す。
私の胸を叩きながら、異議を申し立てている。
出が悪いと、怒っているようだ。
最近、こういうことが多くなってきている。
二世クンの飲む量が増えたのか。
母乳の出る量が減ったのか。
気を取り直して、粉ミルクを作る。
作る工程を、じっと見つめる二世クン。
が。
ほんの少ししか飲まない。
いったいどうしたというのだろう。
ナニをしたいのか分からないので、泣いていたのだけれど、暫く放置。

ひと寝入りして、またぐずぐず言っている二世クン。
学習能力の無い私は、再び母乳を。
怒り出す二世クン。
物は試しにと、哺乳瓶でお白湯をやってみた。
飲んだ。
喉が渇いていたのかな。


機嫌もよくなったところで、オムツをかえるタイミングに。
かえたオムツを、ついそのままにして戻ってきてみると。







オムツ1



オムツに興味津々の二世クン。
使用済みでパンパンになっていて、イイ具合にゾウさんの顔が伸びている。
それに興味を持ったのかな。
しかし、それではいかにいっても使用済みだしと、未使用のオムツを与えてみた。



オムツ2




興奮している。
広げたりたたんだりしている。
そして最後に、なめるは、お約束。
画面左下に見えるは、二世クンの良き相棒クマちゃん。
しかし最近、二世クンはクマちゃんに興味が無いようだ。


夕飯時、ハイロウチェアーに乗せていると。
真っ赤になって気張ったあと、ピュゴピュゴピュゴという音が響き渡る。
昨日、一昨日と、二日間うんちが出ていなかった二世クン。
オムツを開けてみると、オムツの機能100%使いました、という感じだった。
そして、お約束の横漏れ。

そして夜、夫がいなくて、寝てくれるか不安だったけれど。
お風呂へ入れると、疲れた様子を見せる二世クン。
耳掃除にと、綿棒を探しに行くと、寝ていた。
「二世!!」と、遠くから呼ぶと、ビクッとして起きる。
眼が、ウサギちゃんの眼になっている。
ミルクを、そこそこ飲んで、ゲップもしないで寝てしまった二世クン。


こう見ていると、赤ちゃんは、よく寝るものだと思った。



感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ





Permalink | Comment: 4 | Trackback: 0

雨降り (生後147日 4ヶ月と25日)

2006/02/20(月) 15:22:04 [ベビー用品(抱っこ紐・ベビーカーその他)] #

週間の天気予報を見渡す限り、雨と曇のマークばかり。
これから天気が悪いのか、とウツになる。
天気が悪いと、切り札の“おんもへ行く”が使いにくくなって、困ってしまう。

そういえば今朝の二世クンの目覚めは、珍しく泣いて起きた。
ここ最近は、朝起きても、機嫌よく目覚めていることの多かった二世クン。
独りで「あくーん」などと演説をしていたり。
起きた=すぐ泣く、ということは珍しくなりつつあった最近だった。

実母から電話がかかってきたときに、その話しをしたら、「お天気が変わるのよ」と言っていた。
確かに、お昼前から雨が降り出した。

雨の日は、妙に良く寝る二世クンなのだけれど。
本日も例外ではなく。
割合に良く寝ていた。

が、午後を過ぎた辺りからぐずぐずが始まった。
二世クンは、粉ミルク用のお湯を作る魔法瓶の柄がとても気に入っているようで。
それと同じ柄のハンカチ(ハンドタオル)があったことを思い出す。
そのハンドタオルを与えてみた。



ハンカチ1



鼻息を荒くして、興奮している。
全身で喜びを表現すべく、手足をばたつかせている。

程なくして、ハンドタオルは彼の手中に。



そして。






ハンカチ2





なめている。
笑い声をあげて、ぺちゃぺちゃといつまでもなめていた。



しまいには、ハンドタオル全体が湿ってしまった。
匂い、嗅ぎたくないな。


夕方になり、ますます降りしきる雨。
ベビーカーにレインカバーをつけて、と思ったのだけれど。
一念発起して、抱っこ紐で出かけてみることに。
ベビーカーに乗せる格好(短肌着+カバーオール型肌着+プレイスーツ)をして、抱っこ紐に。
私にしては、着せすぎだったかなと思ったのだけれど、まぁいいだろうと外へ。
夫の大きな傘を拝借。

人ごみで風邪などもらってはと、顔を私のほうに向くように、対面で抱っこ紐へ入れたのだけれど、終始首を横に捻じ曲げて、外の景色を見ている二世クン。
ご機嫌の二世クン。
雨に濡れた葉っぱなどを触って、演説をしている。
近所のデパートの地下食品へ行った時のこと。
物産関係の干物か何かを売っていたオバハンが、「あらーー」と近寄ってくる。
見るからに、『オバハン』という顔で、恐怖すら覚える。
「まーーーー」と言いながら、きっと、干物やらお金やらを触ったであろう手で、二世クンを触りまくる。
やめて欲しい。
「靴下もはかないで、寒いわよ!包んであげなさい」と、なにやら恐ろしいことを言い始める。

実母は、かねてから私に「薄着で育てなさい」と言う。
ソレが正しいのかどうかは分からないけれど、確かに子供の体温は高く、暑いと愚図る。
なので、二世クンは裸足だった、というわけ。

なんとかそのオバハンから逃れ、デパートの中を歩く。
が、二世クンが真っ赤な顔でぐずぐず泣き始める。
暑くてたまらないようだ。
私も暑い。

ベビーカーに乗せるのと同じ格好で、抱っこしたのは間違いだった。
私は汗だく、二世クンはぐずぐずギャーギャー泣きながらの帰宅だった。

抱っこ紐へ入れる時は、薄着にしなければな、と反省。



感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ

Permalink | Comment: 2 | Trackback: 0

りんご危機一髪 (生後146日 4ヶ月と24日)

2006/02/19(日) 15:11:13 [一号(二世)] #

昨夜は熱があったような感じだった二世クン。
夜中に起きるかと思ったのだけれど、結局朝まで寝ていたようだ。
そういえば、ここ数週間は朝まで続けて寝るようになって、助かる。
昨年の終わり頃は、一週間に4日くらいは朝まで寝ていたが、たいていは4時ごろに一回授乳があったな。

機嫌よく起きていた二世クン、正確には測れないという噂の、耳で測る体温計で熱を測る。
6度台後半という、極めて普通の熱だった。

大丈夫なのだろうか。

大丈夫ということにしよう、と夫と話し合う。



さて、朝食の後で、りんごを与えてみることに。
あの、イイカゲンな実母が「最初は薄くスライスでもいいけれど、そのうち大人と同じ大きさのりんごをしゃぶらせてね。でも、そろそろすりおろしてやったほうがいいかも。」と言っていたのをかすかに思い出しつつ。

大人と同じ大きさのりんごをしゃぶらせてみた。





りんご2



しゃぶる。

しゃぶる。


りんご1



ヨダレをたらしながらしゃぶっている。
歯茎でガギガギやっている音が聞こえてくる。


ここで調子にのってしまった私。
つい、薄くスライスしたりんごを与えてしまう。

ガギガギ、ジャギジャギとしゃぶる二世クン。
「おぉ・・・食べているやん」と、盛り上がる外野。

ガギガギ・・ガギン
という音がして。

りんごが小さくなっていた。
え?と驚いた我々は、慌てて残りのりんごのキレッパシを二世クンの口の中から引っ張り出す。
ほっとして、「噛み切っちゃったのね」などと言っていると、二世クンが、コンコンと咳き込む。
ナニ?と見てみると、新たなりんごのキレッパシが、二世クンの口の端っこに。

少し焦った我々。
歯茎で食いちぎるようになったとは・・・。

これからはすりおろそうか、面倒くさいなぁと思っている。
おろし金も、消毒必須なのかな。




感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ

Permalink | Comment: 5 | Trackback: 0

熱 (生後145日 4ヶ月と23日)

2006/02/18(土) 19:29:46 [一号(二世)の体調] #

夫は、妙に忙しい一日だった。
二世クンのお散歩も、結局私一人で行ってきた。

お散歩から帰ってきて、二世クンが熱いような気がする。
耳で測る体温計しか持っていない我が家。
早速測ってみると、7度8分という熱。
まさか測り間違いだろうと思って測っても、7度6分とか。

どうしてだろうと、暫く抱っこをして意味も無く家の中をウロツク。
もう一回測ってみると、38度を越えていた。
しかし、その割には機嫌の良い二世クン。
笑っている。

夫が帰ってきてから、お風呂へ入れる計画だったのだけれど、お風呂へ入れるかどうか、悩みだす。
そうこうしていると、夫が帰宅。
再び熱を測ってみると、7度6分とかいう微妙な熱。

どうしたものか、実母へ電話をかけてみる。
状態を聞いて、「こうとは言い切れないけれど、私だったらお風呂へは入れるワネ~」と母。
大きなお風呂で入れて、湯冷めしないように、とのこと。

久しぶりに、二人がかりで二世クンの身体を洗って。
暖房を入れた部屋で、身体を急いで拭いて。

その後、グダグダは言っていたようだけれど、普通に寝た二世クンだったらしいが・・・。
大丈夫だろうか。




感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

迷う (生後144日 4ヶ月と22日)

2006/02/17(金) 20:51:23 [ベビー用品(抱っこ紐・ベビーカーその他)] #

雨は降っていないけれど、洗濯物を外に出しっぱなしにしても、きっと乾かないんだろうなぁというお天気。
弱気に最低限だけを洗濯して、外に出してみる。

誰も片付けないので、部屋が凄い散らかりようだ。
最後に掃除機をかけたのがイツだったのか、思い出せない。
多分、先週はかけていると思う。
ということで、掃除を始める。
面倒なので、二世クンを床に寝かせたまま掃除機をかけたのだけれど。
凄い音で近づいてくるモノを、首をひねって見る二世クン。



掃除機1


首が折れそうだ。
おざなりに掃除をしていると、ママ友達からお散歩のお誘いが。
楽なほうに流れる私なので、二つ返事で参加を表明。

出かける前に、外に出した洗濯物の様子を伺ってみたのだけれど、明日の朝になっても乾く気配が無い感じだったので、浴室乾燥に放り込む。

ママ友達と、ベビーカーにつけるレインコートの話題になった。
私は、近所で買った『どんな機種にでもつきます』という、安いヤツ。
ママ友達が買ったのは、遠いところで買った『その機種専用』の、割と高いヤツ。
彼女の持っているヤツは、一度使用した後でも、小さく折りたたむことが出来て、更に専用ポーチなるものがついている。
ベビーカーの下の網に、小さくしまえるらしい。
私の持っているヤツは、一度使用すると二度と元の袋には入らなかった。
仕方が無いので、無理やり小さく折って、輪ゴムで止めて、ジップロック(大)に入れた。
「それってジップロックじゃん」と、笑う彼女。
ママ友達と私、実はベビーカーの機種が同じ。
ということで、私のベビーカーに、彼女のレインコートをつけてみた。

レインカバー


私が持っているヤツは、多少の大雨でもイケそうなんだけれど。
友達が持っているヤツは、チョッとこころもとない。
しかし、私のヤツは、とってもかさばって、ベビーカーの下の網が破けそう。
彼女の持っているヤツは、小さくなって持ち運びに便利。
どうしよう、ブツブツと言っている私に夫が一言。
「長い傘と折りたたみ傘との違いダネ」と。

うまいこと言うなぁと思ったが、まだ迷っている。
どうしよう、買おうかなぁ。

感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ


Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

レインカバーでおんもへ (生後143日 4ヶ月と21日)

2006/02/16(木) 11:12:55 [おんも] #

夫の出勤が、いつもより一時間早かったため、いつもより早起きだった私。
といっても、6時起き。
なんだか、夢の中で、二世クンが「あくーん」と言っていたような気がしたと夫に言ったところ、「5時半頃、演説していたよ」とのお言葉。

「あくーん」は、現実だったらしい。

さて、家事を片付ける間、二世クンをベビーベッドに押し込む。
暫くは、機嫌よく独りで遊んでいた様子の二世クン。
そのうち、かんしゃくを起こしたような、ぎえぇぇぐおぉぉという声が聞こえてくる。
目を離していても、声が聞こえている間は大丈夫だろう、と思ったのだけれど、一応見に行くことに。
ベビーベッドを見てみると。

ベビーベッド1



柵を手でつかんで、足を出してばたばたさせている。

コレは、と思って、二世クンを床に移動。
暫く何か演説をしていた二世クンだけれど、目の前で、ゆぅっくりと、仰向けから腹ばいになった。
寝返りだ。
紙オムツなのに。
両手をついて、頭を上げて、笑っている。
今後、どうするのだろうかと、しばし放置する私。

二世クンは笑っている。
笑っていた。
手が段々曲がってきた。
顔が地面についた。
地面を吸い始める。
ちゅぱちゅぱ。
疲れた様子だ。
泣き出した。
激しく泣き出した。

救出に行く私。

寝返りを始めた辺りから、酷いぐずぐずの二世クン。
今日も例外ではなく。

疲れて一眠りしたかった私は、二世クンをベビーベッドに押し込んで自分も隣のベッドにもぐりこむ。
がしかし、興奮した様子で、高音で泣き叫ぶ二世クン。
中央の「ラ」(A4 440HZのあたり)の、更に2オクターブ上の「ラ」の音を出している。
(かの有名なモーツァルトの歌劇「魔笛」より“夜の女王のアリア”の一番高い音より高い音)
しかも、ソレが「ファ♯&ラ」と、和音になっていて壮絶だ。
一時間ばかり隣でへたばりながら、手を持ったり「よしよし」と言いながら倒れていたのだけれど、全然おさまる気配なし。

仕方が無いので、授乳を。

夕方になり、日も暮れそうになってきて、ぐずぐずに気が狂いそうになって慌てて出かけることに。
雨が降っても。
雪が降っても。
槍が降っても。
買うものが何も無くても。
一日に一回は、出かける我々。
でないと、二世クンは(きっと)夜寝なくなってしまう。
昼間のぐずぐずには付き合っても、夜は付き合いきれないので、昼間はなるべくおんもに行くようにしている。
幸い二世クンは、おんもが大好きで、おんもにさえ居れば、機嫌が良いので助かる。
おんもで泣いたときも、ベビーカーに放り込んで動き回れば、たいていはおとなしくなる。

ベビーカー命な私。
雨が降ると悲劇なので、完全武装。


レインコート1



近所の公園へ行き、二世クンを抱っこする。
雨上がりの夕暮れの中を、鳥さんたちが鳴いていた。
ミルク臭い息を私にかけて、口をあんぐりと開けて観察する二世クン。
毎日が楽しそうだ。

感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ


Permalink | Comment: 3 | Trackback: 0

チャンスの女神 (生後142日 4ヶ月と20日)

2006/02/15(水) 15:09:44 [一号(二世)] #

日中は、春を思わせるようなポカポカ陽気。
ママ友達と共に、新たに発見した近所の公園へ。
昨日くらいから、私の鼻がオカシクて。
クシャミが連発。
鼻水が滝のよう。
眼が痒い。

いったい、どうしたのだろう。

箱ティッシュ持参で、おんもへ出かけた。


さて、夜、帰宅した連れ合いが面白そうに笑っている。
何かというと。


この月齢の多くの子がそうであるように、二世クンも。
前髪はふさふさ。

前頭部



後頭部は、禿げチャビン。


後頭部



まるで、チャンスの女神のようだと言って、連れ合いは笑っている。

ま、きっと、大人になったらよくなるだろう。


感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ

Permalink | Comment: 5 | Trackback: 0

ベビーカーから足 (生後141日 4ヶ月と19日)

2006/02/14(火) 12:39:30 [おんも] #

グータラしていると、お昼過ぎて夕方になってしまう。
せっかく晴れているので、お散歩をかねて買い物へと出かける。
暖かい様子なので、いつもより薄着な二世クン。
ベビーカーに二世クンを乗せると、嬉しそうに笑う。
笑い声を上げている。

気味が悪い。

せっかく外へ出たので、小児科医院を探してみることに。
ウチの近所は、小児科専門のトコロガ殆どなくて。
○○科、小児科とうたっているところは「ヤメトキナよ」と、皆に言われるところばかりで。
何故、こんなに地雷が多いのだろうかと思うほど。
病院の住所表と、市役所で入手したエラクかさばる地図を見ながら歩く。

なんだか妙に暖かい、というか暑い。
途中で見かけた公園で、二世クンを抱っこすると、嬉しそうにしていたのは最初だけで、口をへの字に曲げてふぎゃぁと泣き出す。
「降ろせ、抱いてくれるな」というサインなので、ベビーカーに降ろす。
きっと、暑かったのかも知れないと思いながらベビーカーを押す。
二世クンは、「あ~~うぅ~~」と、演説を始めた。

さて、小児科を見てみたところ、ウチから徒歩20分ほど。
大きな道路を二回程渡らねばならず。
一回、予防注射などで偵察してみようかな、と思ったり。

などと思って二世クンを見てみると、こんな格好に。

散歩1


かけてあったおくるみから足を出して、ベビーカーに足をかけている。
よほど暑かったのだろう。
ということで、おくるみは没収。

買い物を済ませて帰宅すると、2時間ほど外出していた様子。
その夜、二世クンは21時ごろお風呂へ入って、21時過ぎに220mlをがぶ飲みして、ゲップもせずに既に腕の中で寝てしまったらしい。

今日は、ウンチが出ていない二世クン。
明日はどうなることやら。


感じるモノがあったら、クリック

Permalink | Comment: 2 | Trackback: 0

ふりかけブンブン (生後140日 4ヶ月と18日)

2006/02/13(月) 14:54:16 [一号(二世)] #

夕食のときに、ベビーベッドに入れっぱなしで置き去りにすると大騒ぎ。
仕方が無いので、食卓へ連れてくる。
興味津々で、食卓の上をキョロキョロ見回す二世クン。
そして何故かふりかけの入れ物に興味を示す。
このふりかけ、自然食品のお店で買ったにも関わらず、ピカピカしたオレンジで大変毒々しいパッケージだ。

さて、その毒々しい色合いのふりかけをカサカサと二世クンの目の前でふると。
蚊を叩くときのように両手を広げては閉じて、つかもうとする。
必死な様子で、ヨダレをだらだらと垂らして、首がカクカク動いている。
何回かのチャレンジの後、ふりかけ袋をつかむ。


ふりかけ2


そして、興奮して振り回す。




ふりかけ1



口に入れて確かめようとしたので、慌てて取り上げた私。
ふりかけは一応食品だけれど、塩分が多すぎるかなとか、色々考えてしまう。


面白いな~と思ったら、クリック

Permalink | Comment: 3 | Trackback: 0

一家で散歩 (生後139日 4ヶ月と17日)

2006/02/12(日) 15:23:19 [おんも] #

ママ友達一家と、ウチの一家でお散歩へ。
かねてから行こうと計画していたのだけれど、なかなか実現しなかった。

近くの大きな公園へ行ったのだけれど、風が冷たくて閉口。
風がなければ、暖かいだろうに。
ベビーカーでガタガタと揺られて眠ってしまう二世クン。
が、程なくして起きる。

お父さんどうしが、お互いの子供を抱っこしあう。
ママ友達の僕ちゃんは、二世クンの次の日に産まれたにもかかわらず、現在8キロ近くもあって。
一方の二世クンは、6キロ台前半。
私の連れ合いは、ママ友達の僕ちゃんを抱いて、高い高いタカイをやっている。
重たいのでヤメておけばいいのにと、腹の中で思う私。
やはり、ママ友達の僕ちゃんは、相当シッカリしている様子。
が、寝返りはまだの様子。
ママ友達の僕ちゃんは、私の連れ合いに抱っこされて、割といい気分の様子。
ヨダレをじゃぶじゃぶにして喜んでいる。

さて、向こうのお父さんに抱かれる二世クン。
「軽~い!」と言われている。
しかし、しばらく抱かれていると、泣き始める二世クン。
おぅおぅと言って、私が受け取ると、とりあえずは泣き止む二世クン。
どうやら、知らない人に抱かれるのに慣れていなくて、緊張した様子。

その後は、オープンエアーのカフェ、またの名を吹きっさらしのカフェでお茶を飲んで、談笑。
二世クンは、あちらこちらをキョロキョロしている。
チョコチョコ歩きくらいの年齢の子供を見かけると、食い入るように見つめている。
近いものを感じているのだろうか。

二時間強で帰宅。
いやはや、五枚も着ていったのに(全て長袖ババシャツ含)寒かった。

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

初めての寝返り (生後138日 4ヶ月と16日)

2006/02/11(土) 20:55:48 [行事] #

午前中から洗濯などを片付ける私。
二世クンはというと、唸ったり叫んだりしている様子。
とりあえずは、お腹がすいた状態ではなさそうなので、放置。

前々から、ベビーカーに、マジックテープを縫いつけようと思っていた私。
その作業に取り掛かったのだけれど。
いやはや・・・。
ベビーカーの幌の布地は堅くて。
貼れるタイプのマジックテープは、針を通すとその針までにも糊がベットリという状態。
狭い玄関で指サックをして、中腰でこん身の力をこめてぜぇはぁ。

そうこうしているうちに、リビングに寝かされている二世クンの怒鳴り声が聞こえてくる。
「どうしたの~」と私も怒鳴りかえす。


姿の見えない二世クン、怒鳴り声に加えて唸り声も出し始める。
「あらあらどうしたの~」と、私。
一針縫うのに、オソロシク時間がかかる。

怒鳴り声に唸り声、そして、「は~っうんっ!」という規則的な声も出し始める二世クン。
しかし、このベビーカーのカスタマイズ、正直後悔だ。
などと思って放置される二世クン。

はっと気がつくと、二世クンの声が聞こえない。
どうしたのカシラと見に行くと・・・。



negaeri_2



あお向けに寝ていたはずだったのに?と、わが目を疑った私。
どうやら寝返りらしきものをやった様子。
なんだか心なしか、勝ち誇った顔をしているような。

色々原因はあると思うのだけれど、動きを抑えようとして布オムツを使用したのが逆にいけなかった様子。
腰が重たくなり、回ってしまった感じ。
ということで、即効紙オムツに変更。


午後は、今さらながらの厄除けと、更に今さらながらのお宮参りへ。
夫婦とも厄年だったのに、今まで行く機会がなく。
二世クンのお宮参りも、里帰りだナンダで忙しくて放置だった。

本当にお宮参りの小さい赤ちゃんがもう一人居る中、祝詞をあげられ、一緒に「あ~う~」と言う二世クン。
全くもって恥ずかしい。
そして、両足を高く上げて、ドンドンと地面を叩く。
しまいには、『ぷ~っ』と、おならまでも。
仕方が無いので、抱き上げた私。
首をぶんぶん振って、うにょうにょ動く二世クン。
ああもぅ、と思っていると、カクンと寝てしまう。
祝詞で眠たくなったのかな。

気疲れして終了。
お宮参り、小さい頃の方が、色々うるさくなくて、イイのかも知れないな、と思った。


Permalink | Comment: 2 | Trackback: 0

掃除 (生後137日 4ヶ月と15日)

2006/02/10(金) 13:14:19 [家事] #

元々整理整頓、片付け、掃除などなど苦手な私。
掃除機なども、一週間に一回くらい適当にかけるのが精一杯。
掃除機をかける前に、ゴチャゴチャしたのを片付けて、床を出さないとなぁ、といった状態。
その、『ゴチャゴチャしたものを片付けて床を出す』作業がトテモ億劫だ。

連れ合いも、掃除が好きではない様子。
掃除する位だったら、汚い家に住んでいてもイイのでは、という感じがびしびしと伝わってくる。

二世クンにいたっては、汚すだけで協力を頼める状態ではないし・・・。

しかし、台所のコンロがとてつもなく汚くて。
レンジ周りもキテしまっていて。
確か、お正月に掃除をしたのが最後の記憶。

ということで、一念発起してコンロとレンジ周りを掃除した。
ついでにお風呂も、排水口からなにやらをゴシゴシと。


疲れたYO。


昼間は殆ど寝ない二世クンなのだけれど、珍しく昼前と昼後に寝ている。
夕方になってしまったので、オムツを替えて起こして、お出かけ。
付近をウロついていると、自治体の母親学級でお世話になった助産師さんにばったり遭遇。
先日の健診で、体重がイマイチだと居残りさせられたことなどを話す。
「気にすることないわ~」とのお言葉。
二人で話していると、「あ~う~」と二世クンが乱入。
「オレもオレも、話しに加えろ」と言っているのかな。

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

DPT (生後136日 4ヶ月と14日)

2006/02/09(木) 15:32:42 [病院・病気・注射・健診] #

BCG後、4週間経過すればDPTが接種できると、保健センターから聞いた私。
よく分からないけれど、とりあえず受けておいたほうが良さそうなのでと、近所の病院へ予約を。
ウチの近所は、『小児科』と言っているところが余り無く。
『内科・小児科』という病院はあるのだけれど。
近所のママ友達に、『A内科・小児科』の評判を聞いてみたところ。
「凄いジーサンで診察も適当でアソコはヤバイからやめときな」と一言。
予防注射で、かかりつけの小児科を探そうかと思っていた私なのだけれど。
評判の良い小児科は、駅まで行って、バスに乗って、の行程。
果たして具合の悪いときに、そこまでして行けるのだろうかと思うと微妙だ。
なので、取り合えず今回の予防注射は、近所の風邪の来なさそうなクリニックを選んでみた。

極めて機嫌の良い二世クンをベビーカーへ押し込んで、ガラガラがらがらと走る。
今後の自分の運命も知らずに、おんもに出られた事で嬉しそうな二世クン。
浅はかだ。

クリニックに到着してみると、超混んでいる。
元々混んでいて、普通にかかっても「診察は午後になりますが」と、待たされることの多い病院。
なんだか、風邪ヒイテマスと、看板をぶら下げているような感じの人々がゴロゴロと待合室に居る。
失敗したかも。

めげずに待って、注射。
先生に顎の下を触られて、大喜びで大笑いする二世クン。
浅はかだ。
ギュっと押さえると、母乳を貰えると勘違いして、私の胸の辺りでフガフガ言い出す。
ちゅ~っと注射をして、終わり頃になって、うぎゃ~っうぎゃ~~っと泣き叫ぶ二世クン。
一気に地獄という感じで、泣き叫びまくる。
そして相変わらずその後はけろりとしていた。

さて、帰宅したら、またもや「あ~っあ~っ」という声。
何かと見に行ったら、寝返り練習が進化していた。



rensyu_2



足を交差させることを覚えたらしい。

まだまだ寝返りしなくていいんだからね、と言い聞かせる私。

Permalink | Comment: 4 | Trackback: 0

ロングトーン (生後131日 4ヶ月と9日)

2006/02/04(土) 15:08:21 [おんも] #

最近の二世クン、ベビーカーに乗せるとロングトーンで何かを訴える。
「あーーーーーあーーーーーーうーーーーー」という感じ。
うるさいし、ベビーカーの中から叫び声が出ているのは、恥ずかしく。
道行く人々も、必ずといっていいほど中を覗き込むので、やめて欲しい。
点字ブロックの上などを走っているときは、ベビーカーがガタガタと揺れ、声もガタガタと揺れる。
「あぁぁぁあぁぁぁぁあぁぁああ うぅううぅうぅぅ」と、恥ずかしくて仕方ない。
もぅ、と見下ろすと、目をつぶってロングトーンをやっている場合が殆どで。
大体において、その後は眠る様子。

多分、眠たくて仕方ないときに。
「僕、寝ないもん。声を出していれば寝ないんだ」とでも言っているのかな。

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。