[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

荷造り (生後186日 6ヶ月と5日)

2006/03/31(金) 15:08:54 [家事] #

夫が1週間ほど出張で不在のため。明後日から、2週間ほど実家へ行くことに。
二世と2人きりで、というのも良いのだけれど。
イキナリ二世の具合が悪くなったらオロオロだなぁなどと考えて。
へたれだ。

手持ちの荷物は極力少なくしようと、荷物を出すことに。
明日出そうと思っていたのだけれど、今日出さないと、明後日には着かないらしい。
遠いな。

アレコレ考えていると、考えがまとまらず。
適当に、ウチではダレも飲まない酒ビンなどを入れる。
数時間ほどして、荷物ができた。
できたので、ガムテープで止めた。

あ。

と、思ったことがあり、またガムテープを剥がして荷物を入れ替えたり。
なんだか段取りが悪くて、情けなくなってくる。

どうにか荷物が出来上がったので、持ってみた。
重たい。
下の方で、お酒がチャプチャプいっている。

どうにか段取りがついたので、お出かけ。
お買い物などに出歩いていると、ヤタラに知り合いママに遭遇。
合計3組の知り合いママに、遭遇した。
皆、出かける方面と時間帯が似通っている、ということなのかな。

ここ最近、花粉症がまた悪化している感じがする。
鼻が詰まって、苦しくて仕方が無い。
花粉症、イツになったら楽になるのやら。


感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ



スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

足 (生後185日 6ヶ月と4日)

2006/03/30(木) 21:01:12 [一号(二世)] #

晴れるという予報で、ここぞとばかりに洗濯をしたら、曇ってきて。
最後には小雨がパラついて、ショックだった。


親子のビクスというチラシを見つけたのが、先月の終わりのころ。
6ヶ月から、ということだったので、果敢に申し込みをしてみた。
どうも、自治体?の関係のようで、お値段が妙に安い。
まあ、いいか。

そして、当選通知の葉書(往復はがきの片割れ)が、やってきた。
知り合いママにも、この親子のビクスのことを伝え、彼女も申し込みをしたのだけれど、ハズれてしまったとか。
クジ運は、トコトン悪い私なのだけれど、どうして当選したのだか。

申し込みに来るようにという記載があったので、申し込みに。
係りの人のおっしゃるには、なんだか結構な倍率だったとか。
3~4倍はあったでしょうか、とのことだった。

そうなのか。


---------- キリトリ -----------

割と気に入っている部分。



足先



寝ている二世の足先が、布団から出ているの図。
凄い形になっているなぁ。





そろそろソロソロと布団をめくると。





足




上は、こんな風になっているのか。





感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ


Permalink | Comment: 3 | Trackback: 0

離乳食教室 (生後184日 6ヶ月と3日)

2006/03/29(水) 10:22:39 [一号(二世)] #

自治体のやっている、離乳食教室へ。
暖かかった昨日とはうってかわって、風がびゅーびゅー吹いて寒いような。
何でも後手後手の私、冬物クリーニングに出しました状態には程遠く。
なので、真冬のコートを着込んで出かける。

行ってみると、ベビーカーは会場の外に置いて、赤ちゃんは膝に抱っこしましょうの状態。
コレ、疲れるから嫌い。

膝の上に乗せられた二世は、奇声を上げながら両手で自分の両足をつかんで遊んでいた。
それで、ユラユラと左右に揺れる。
落っことしそうになるので、やめて欲しい。
抱き上げると、ぐぅ~っと身体を私から離してのけぞってみたり。
落っことされたいのか?

ぐずぐず言っている赤ちゃん、泣いている赤ちゃん、色々な赤ちゃんが居た。
だいたいが、うぎゃ~~んの一線を越える前に、お母さんが必死でユラユラしてなだめている、という感じ。
時間が経つうち、その均衡が破られた。
とある赤ちゃんが、ふえぇぇぇ~~~んと本気泣きを始めた。
そうすると、あちらこちらから、びえぇぇ~~ん、うわぁぁ~~んと、連れ泣きの大合唱。
いやはや、凄いな。
二世はというと、相変わらず膝の上で足をつかんで、喉の奥でうがいをするような音を出して奇声をあげている。

さて、すっかり興奮して暴れている二世は新たに隣の赤ちゃん(女の子)に興味を持った様子だ。
どれどれと、チョッと近寄ってみたり。
向こうのお母さんもイイヒトで、「コンニチハ」などと言って、赤ちゃんをコチラに見せてくださる。
興奮した二世は、手をぶんぶんとふる。
と思ったら、『がりっ』と、女の子の顔を爪で引っかいた。
「あぁぁぁ~~~ごめんなさい!」と、必死に謝る私。
引っかかれた女の子は、蛙の面に小便といった感じで、なんとも言わない。

申し訳ないことをした。
二世の頭をぺこぺこさせる私。

本題の離乳食なのだけれど。
正直、あまりよく覚えていない。

・牛乳は、貧血になる可能性があるので、1歳になるまでは与えないこと。
・塩分、油脂に気をつけて、お肉は随分後になってから。
・一週間をめどに、新しい食材を増やしていくこと。
・最初は、ごちゃ混ぜにしないで、単独の味を味わわせること。
・片栗粉でとろみをつけること。

ああ、面倒臭そう。

興奮して、散々騒いだ二世だけれど。
気がつくと、腕の中でオヤスミに。

普段、抱っこ状態で寝ることが殆どない(寝ているのを抱っこしていることが殆どない)ので、重たくてたまらない。
関係があるのかないのか、段々頭痛がしてくる。

終了して外に出てみると、ますます風が強くなって、寒い。
格好は悪かったけれど、コートを着てきて正解だった。


お日様のいる時間帯に離乳食を、と指導を受けたのに、又もや親の夕飯時に、インチキ離乳食を与える。
重湯もどきと、サツマイモご飯のサツマイモを指ですりつぶしたもの。


離乳食の時間、考えなければだなぁ。


感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ







Permalink | Comment: 3 | Trackback: 0

病院の評判 (生後183日 6ヶ月と2日)

2006/03/28(火) 10:04:19 [病院・病気・注射・健診] #

ちょうど昨年の今頃、ココへ引越しをした。
見覚えのある景色になってきていて、懐かしい。
つわりが終わる頃で、少しずつ外へも出られるようになってきていた頃だったな。
役所へ行ったら物凄い混雑で、2時間ほど待たされて、具合が悪くなった記憶がある。

懐かしい。
アレから、もう一年なのか。
まるで、昨日のことのような気がする。

さて、健診の紙を見ていると、「カウプ指数」なる欄があった。
どれどれと見てみたのだけれど、空欄だった。

いいのか?その病院。


と思っていると。
電話が鳴る。

先日、夫と一緒に公園へ行ったときに、月齢の近い赤ちゃんを抱っこしたお母さんが散歩中だったのだけれど。
一言二言話してみると、私がDPTで行っている病院へ、彼女もDPTで行くとか。

「病院のことなんだけれど」と、彼女。
「アソコ、駄目そうやわ」と。

なんと。

皮膚のガサガサに、「アトピーの可能性があります」と、いきなりステロイド塗り薬が出た~と。
即効、違う病院(評判は良いのだけれど、バスに乗ってエンヤコラの遠さ)へ行ったところ、「まだ現段階では、アトピーであるとは言い切れず、ステロイドを使うべきではなく」と、違う塗り薬を出されて、「また数日後に来院してください」とのことだったと。


地雷だ。
だからすいているのかな。


小児科探しは、振り出しに戻った、という感じ。
この近所、本当に地雷が多くて困りモノだなぁ。


カウプ指数なるもの、計算をしてみた。
二世のカウプ指数は、「15.21」
標準の、超ぎりぎりだ。

大丈夫なのかなぁ、二世は。


今日は、夫が帰ってこない夜(一晩中)なので、夕食は手抜きをしてしまった。
なので、二世の離乳食も無し(いいのだろうか、こんなにいい加減で)
寝ないかとびくびくしていたのだけれど、ベビーベッドに入れると、ばたばた暴れて暫くすると、寝ていた。



感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ




Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

DPT3回目と、6~7ヶ月健診 (生後182日 6ヶ月と1日)

2006/03/27(月) 18:31:34 [病院・病気・注射・健診] #

3回目のDPTと、6~7ヶ月健診へ出かける。
前回、2回目のDPTのときの病院へ行ってみる。

ここの病院、小児科専門の看板が出ているのだけれど。
妙にすいている。
軽い風邪のような感じの子供は、数人見かけたことがあるのだけれど、大病の子供を殆ど見かけないような。

大丈夫かなぁなどと思いながら、病院へ。

・哺乳瓶の消毒は、いつまでするのか。
・離乳食の食器は、消毒をするのか。
・離乳食のすすめかた(気をつけるべき食材とか・・・)
・歯の磨き方について。
・手足にできて治らない、がさがさについて。

という辺りを質問したかった私。

注射部屋に通されると、看護師さんがやってきて。
哺乳瓶の消毒などは、徐々に減らしていけばいいのでは?とのこと。
現時点で、何でも口に入れるので、哺乳瓶の消毒にこだわる必要は無いけれど、この日にスッパリ、というよりは、徐々に減らしていく感じで、とのこと。

離乳食については、「自治体の離乳食教室などへ行かれたらどうですか?」で、終了。

歯の磨き方は、もし気になるようだったら、離乳食の後などに、ガーゼで軽く拭く程度で、とのこと。
詳しくは「自治体の歯磨き教室へ行かれたらどうですか?」とのこと。

まぁ、理にかなっているとは思うけれど。
違う病院へ行った先輩ママなど、「離乳食のこととか、うざくなる位詳しく説明してくれるヨ」と言っていたなぁ。

病院によって、こんなに違うのか。
深まる不信感。

そうして、身体測定などをする。


    出生時   4ヶ月  6ヶ月
体重  3200g   6125g   7200g    
身長  50.5cm   62.6cm  68.8cm 
胸囲  31.8cm   40.8cm  43.2cm
頭囲  33.5cm   41.3cm  43.2cm


4ヶ月の集団健診のときは、体重の増加がイマイチですよ居残りをさせられたのだけれど。
何故か、今回は何も体重のことには触れられず。
後で成長曲線のグラフを見てみたのだけれど、身長は平均より上なのに、体重は平均より下だった。
混合でやっているし、ヒモジイ思いはさせていないと思うし、コレも一つの個性なのかなぁ。

手足のガサガサについて、先生に質問をしてみたのだけれど「何でもないでしょう」とのこと。
まあ、いいか。
お座りは、まだ出来ないけれど、「7ヶ月くらいになったら座るでしょう」と先生。

そして、注射をして二世はぎえぇぇ~~~っと泣き叫んで。
暫く待って、終了。
全てが30分以内だった。

待たないのはいいのだけれど。


項目にあった『顔に布をかけるテスト』は、やってもいないのに『とる』に丸が書いてあった。
やったかなぁ、やってないよなぁと、不信感のカタマリになりながら帰宅した。


夫は、「悪くない病院だ」と言っていたけれど、どうなのだろう。
うぅむ・・・。




感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ

Permalink | Comment: 3 | Trackback: 0

ハーフバースディ (生後181日 6ヶ月と0日)

2006/03/26(日) 17:29:20 [まとめ] #

今日で6ヶ月。
ハーフバースディをむかえた二世。
ココまで、生きてたどり着けて良かったなぁという気持ち。

『見た目』
ふっくらとしたけれど、身長が伸びたような気がする。
試しに横抱きなどにしてみると、落っことしそうになる。
髪の毛が伸びて、前髪が眉毛にかかってきた。
しかし、相変わらず後頭部はハゲチャビン。
下の歯が2本、生えてきている。

『やること』
寝返りは、まだまだブームのようで、起きている時の大半は腹ばい。
一度腹ばいになって、更に仰向けになって、思いもよらぬところへ進んでいたりする。
腹ばいのまま、両手&両足をばたつかせて(下手糞なクロール?バタフライ?みたいな)移動をするようになった。コレは、ずりばいへの一歩なのだろうか・・・。
腹ばいのまま、お尻を中心にして回ったりする。
腹ばいで、移動することを覚えつつある感じがする。
授乳のとき、歯を立てて噛んだりする。痛くてたまらないので、やめて欲しい。
抱っこで外へ出たりすると、葉っぱをつかんでちぎるようになった。
おもちゃを、右手→左手、またはその逆が出来るようになった。

『生活』
起きている時間が長くなった。
昼間、外を見て泣いて「おんもへ行きたい」という意思を表すようになった。
21:30頃寝て、朝は7時前後に起床。
夜、起きなくなったが、たまに「ひゃ~っ」という声を数回たてたりする(寝入りばなが多い)

『声』
どこまで高い声が出るのか挑戦しているのか?というような声を出している(機嫌の良いときも悪いときも)
泣くとき、高い声できえ~~っと泣くのだけれど、不快でたまらない声だ。よく出せるなぁと思う。

『食べ物』
ミルクや母乳の暴れ飲みが、たまにある。
離乳食として、重湯を始めてみた。
りんごをそのまま与えると、どうやるのか分からないけれど、噛み切っていたりすることがある。


---------- キリトリ -----------

午後からお出かけ。
桜を見ながら、外でお昼を食べたりした(大人たち)
二世は、最初の30分ほど寝て、後はずっと起きていた。



桜が綺麗な場所へ行ってみた。
二世にも、よく見せてやろうとして夫が抱き上げる。






桜



コレは、大人しい写真で。
実は、桜の枝を引っ張った二世。
慌てて桜から離したりなどして、写真どころではなかったり。


夕方帰ると、ぐったり(大人たち)
4時間近くも、ぶっ通しでおんもに居た。
二世は、18時くらいからこんこんと爆睡。


まずい展開ダ。


予想通り、20時過ぎのお風呂まで寝続ける。
無理やり起こしてお風呂へ。

チャージされた二世は、その後放り込まれたベビーベッド内で、暫く起きて遊んでいた様子。
18時くらいにグッタリ寝てしまうのは、鬼門だ。





感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ

Permalink | Comment: 3 | Trackback: 0

体重は減っても・・・ (生後180日 5ヶ月と27日)

2006/03/25(土) 19:02:59 [私の体調] #

5ヶ月最後の日だ。
明日から6ヶ月か。

最近、体重が減ってきてしまっている。
というのは、私のこと。

元々食べても太れない体質だった。
甘いものを食べても?と、しばしば聞かれるのだけれど、甘いものを好きなだけ食べていると、胃が荒れてきて気分が悪くなってしまい、ご飯が食べられなくなるという悪循環をたどってしまう。
甘いものは、一日一個、という決まりを自分に作っていたり。
妊娠前の体重は、よく覚えていない。
体脂肪率というものが、調子の良いときだと21%くらいで、調子が悪いと20%を切っていたような。

つわりの終わりごろの体重は、妊娠前より8キロくらい減ってしまって。
歩くのもしんどかった記憶がある。
よく、スーパーのお惣菜売り場で、何も食べたいものがなくて、とめどもなく歩いてしまっては、目の前が暗くなってきて、ラックにしがみついてしゃがみこんでいたりしていた。
外へ出かけるのも、容易でなかったなぁ。

つわりが終わって、一ヶ月間で減った分の8キロは取り戻した。
そして、臨月も最後の最後というときの体重は、妊娠前から+6キロ弱くらい。
貧血があって、「食べなさい」と言われ、頑張って食べた結果、6キロ弱の増加だった。
自分としては、10キロくらい増えて欲しかったのに、残念だった。

出産を終えて、一ヶ月健診のときには、妊娠前の体重にスッカリ戻ってしまっていた。
頑張って食べたのに・・・。

そして、長い間その体重を保って、「やっと体重の下げ止まりが終わった」と思っていたのだけれど、ここにきて、再び痩せに向かっている。
食べても食べても、少しずつ痩せている。
実母は「胃腸の丈夫な人はね、夜中の授乳の後に、おはぎを1箱ぺろりと食べたりするのよ」と言っていたな。
夜中に食べ物を食べると、翌日一日食べられなくなってしまうなぁと思ったり。
おはぎが、食パンになっても無理そうだ。


うう、負けた。

現在は、混合で細々と母乳もやっている。
生後2ヶ月~3ヶ月くらいのときは、一日300mlくらいミルクを足していた。
最近は、400~500mlくらいミルクを足すことが多く、それ以上の日もあったりする。
一貫して、母乳の出は一日400~500ml位なのかしらと、推測してみたり。

さて、つらつらと書いてきたけれど。
体重は減っても(妊娠前より、およそ-2キロ)、体型は戻っていない。
元々、素晴らしい体型だったわけでは全くないので!
このお腹、どうにかならないだろうか。
オソロシクテ、足を通せないスカートがイッパイある。

何か、良い考えはないかなぁと、日々思っていたり。





感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ











Permalink | Comment: 2 | Trackback: 0

詰め物を削る (生後179日 5ヶ月と26日)

2006/03/24(金) 13:46:31 [一号(二世)] #

午前中、歯医者へ行く。
朝起きて、珍しく午前中に寝ない二世。
朝からずっと起きっ放しだ。
そんな彼をベビーカーに乗せたまま、診察室へ。
ピカピカ光る機械に囲まれて、家とは明らかに違う空気に興味津々の二世。
あちらこちらを見回しては、「ほぅ」と言っていた。

ぐずぐず言い始めた二世に、おもちゃを渡しても全く興味がなく。
困ったな、という辺りで私の番がようやくまわってくる。
高さが高かった詰め物を削る。
削る際に、歯医者さん独特のきゅぃ~~んという音がして。
どうも、その音に混じって二世の泣き声が聞こえてくるような。
きっと、冬彦さん顔になって泣き始めたのだろうなぁという声だった。
が、暫くすると、二世の泣き声が聞こえなくなった。

終わって見てみると、歯科医院のスタッフに、ベビーカーをユラユラとやられていた。

二世よ騙されたな、ケケケと思った鬼母。


午後は、お散歩へ出かけたり、買い物へ行ったりなどして出歩く。
今夜は、夫が遅くなるということだったので、夕飯は手抜きをしてみたり。

お風呂の時間になって、考える。
ベビーバス、無理かなぁ。
大きなお風呂で入れようかなぁ。

暫く迷って、ベビーバスを準備。
準備したところで、腹ばいになって騒いでいる二世を抱き起こしたところ。

ああ、ベビー服のお腹部分が茶色いヨぅ。


腹ばいになって、ピュゴピュゴをやってくれたらしい。
最近、ひっそりとピュゴピュゴをなさる二世。
3ヶ月の頃は、玄関に居ても聞こえるくらい大きな『ピュゴピュゴピュゴ』という音が聞こえたのに。
花粉症で詰まって使い物にならない鼻だけが頼りで、気が付かないことが多い最近。

怪獣映画になりながら、ベビーバスへ入れる。
両腕を振り回し、首を捻じ曲げて寝返りをしようとするしで、かなり大変だった。

お風呂の後、暫く一人で遊んで、ふにゃ~と言い始めた辺りでミルクを投入。
ガツガツ190mlほど飲んで、即寝した。




感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

歯医者、再びか (生後178日 5ヶ月と25日)

2006/03/23(木) 21:49:29 [一号(二世)] #

日曜日に、歯医者にて詰め物を入れた私。
左下の奥歯。
詰め物を入れると、数日違和感が続く。
その違和感は、段々解消されていくのだけれど。

昨日、いや、一昨日あたりから、違和感が無くなっていくのに反比例するように、どうも左上の奥歯が痛む。
食べ物を噛む時に、痛んで痛んで。
先日詰め物をした下の歯とかみ合わせる辺りが、痛む。
上の歯、虫歯だったっけ?と、思うほど。

「詰め物、あってない気がする・・・」と、夫に言ってみる。
「ソレは(゚Д゚ )ゴルァ!!電話をすべきダヨ」と、夫。
ということで、「どないなっとんネン」電話をかけてみた。
明日、という平日を指定されてしまって、「5ヶ月の子供が居まして・・・ゴニョ 日曜日の方が・・ゴニョ」とか申し上げてみる。
「診察室の中の、お母さんの足元にベビーカーを置いて大丈夫ですので」と、言われる。

そうだったのか。

無理して日曜日に行っていた私って。
ベビーカー大丈夫とは、知らなかった。
最初に、きちんと聞いてみればよかった。
と、少し呆然としたのだけれど、気を取り直して、「明日」の予約を取る。


---------- キリトリ -----------


ココ数ヶ月の二世、母乳を飲むときは、あいている手を振り回している。
ただ振り回すだけならいいのだけれど、私の胸にツッコミを入れる。
きっと、近い月齢の赤ちゃんは、皆たいていそういうことをやると思うのだけれど。

二世が、私の胸を一回叩くたびに、「ナンデヤネン」と言ってみた。
「ナンデヤネン  ナンデヤネン     ナンデヤネン ナンデヤネンナンデヤネンナンデヤネンナンデヤネンナンデヤネンナンデヤネン」
ぜぇはぁ。
ツッコミを入れると、母乳の出が良くなるのかな。



感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ



Permalink | Comment: 3 | Trackback: 0

パイナップルヘアーの二世 (生後177日 5ヶ月と24日)

2006/03/22(水) 20:52:53 [一号(二世)] #

明け方、鼻血が出て起きる。
二世は泣かないというのに、鼻血で起きるとは・・・。
情けないやら悔しいやら。
まあ、仕方が無いのかな。

先週は、マスクにゴーグルかけて、帽子をかぶって箱ティッシュ片手状態だったのだけれど、それに比べれば今週は少しマシなような気がする。
花粉に慣れてきたのかな。
まあ、あまり深く考えないようにしようかな。


お昼過ぎて、二世をベビーカーに積んで出かける。
いつも行っている公園の下に、ひっそりとした感じの喫茶店を見つけた。
戸外にも席があるようだし、泣いたらそこへ行けばいいやと、入ってみた。
入ってみると、お客さんがダレも居なかった。
名曲喫茶まではいかないけれど、クラシックの流れる喫茶店だった。
うまい具合に、二世はオヤスミになられたので、ユックリとお茶を楽しんだ私。
また来ようと思う。


---------- キリトリ -----------

モリくんのママ、モリママさんのご指摘のとおり、『パイナップルヘアー』の二世。



お風呂に入って、立てたまま髪を乾かすと。







お風呂後




こんな感じで、重力の法則に従った髪型なのに。

一晩たつと・・・。




一晩後




こんなことに・・・。


ちなみに横から観察してみると。




横




とさかのように、そそり立っている。

どうしてかな。
妊娠中、つわりの時期に、あらゆる飲み物がダメになった私。
コーヒー、紅茶、緑茶、麦茶、ほうじ茶、水(その他色々)がダメ。
そんな中、飲めた水分が、パイナップルジュースとピーチジュースに、僅かな牛乳と氷。
「パイナップルが好きな子供になったりするのかな」とか思ったりもしたのだけれど。
髪型が『パイナップルヘアー』になるとは。
私は、パイナップルの影響(呪い)だと思っているのだけれど、夫は「関係無いったら」と言って、笑う。

ちなみにパイナップルジュースは、つわりが終わった後は見たくもなくなり、未だに飲んでいない。

いつになったら、二世の髪型は普通になるのかな。




感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ


Permalink | Comment: 3 | Trackback: 0

梅の花 (生後176日 5ヶ月と23日)

2006/03/21(火) 19:46:03 [おんも] #

最近、明け方近くになると、鼻血が出る私。
寝ていて、鼻に違和感がっと思うと、鼻血。
近くのティッシュを寝ぼけ眼で取って、鼻栓を作っては突っ込んでいる。

朝食後、りんごをむく。
ならばと、二世にりんごを与えてみた。








りんごを食べる




物凄い勢いでかぶりついて、顎を動かしている。
じゃりじゃりじゃりという音が聞こえてくる。
噛み切ってしまうのではないかと思い、一時りんごを離してみると。






りんごのかす





りんごのカスが、二世の下唇についていた。
削り取ったのか、噛み切ったのか。
いずれにしても、歯が生えてきていているのだなぁ。


そして、りんごは、というと。





歯形




削り取られた痕があった。




オソロシヤ。




本来は、知り合いに会いに都へ行くはずだったのだけれど。
全員(二世を除く)がへたばっているので、キャンセル。
そして午後、夫と三人で梅マツリへ行ってみる。
中に入ると、二世をベビーカーから抱き上げる夫。

ぼ~っと梅に見とれていると。





梅の花わしづかみ




二世は、梅の花をわしづかみにして、ちぎった。

夫と2人で、「あ・・・」の顔になった。


二世にとっては、何でもおもちゃなのだろうなぁ。



夕食時、昨日作った“重湯もどき”を、再び作る。
5口ほど、与えてみた。
スプーンを口元へ持っていくと、口を開けるような仕草をするようになった。
しかし、半分以上はこぼしてしまって、うまく飲めないのだけれど。




感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ


Permalink | Comment: 4 | Trackback: 0

重湯もどき (生後175日 5ヶ月と22日)

2006/03/20(月) 11:27:25 [一号(二世)] #

気分が悪くなったので、花粉症の薬を止めた私。
心なしか、気分の悪いのが軽減してきたような。

しかし、クシャミやら鼻水は相変わらずといった状態。
鼻づまりが酷くて、かなわない。
特に、夜寝ている間、苦しくなってくるのが辛い。
気がつくと、口を開けて寝ているので、イツ喉を痛めるかと、冷や冷やしていたり。

今日は、良いお天気だった。
近所の知り合いママに、メールをしてみた。
公園へ行こうか、ということになり。
というか、一人でも私は出かけていただろうけれど。
なんだか、私ばっかり誘いをかけている気がする。
実は皆、あまり出かけたくなかったりするのかな。
育児に関して、色々な考え方があると思う。
私は、人ごみへ出かけるのは嫌だけれど、人気の無いおんもへは、雨でも沢山出かけたい。

まあ、いいか。

何人かいて、完全母乳のママは、子供が火がついたように大泣きを始めたので、授乳室を目指して移動した。
ものの20分も話さなかったような。
前回の授乳から、一時間ほどしか経っていないとか。
私だったら、粉ミルクを足すかな、とか思ったり。

まあ、いいか。

そうこうしているうちに、二世がキエ~っっと、イラつく高音域で大泣きを始める。
おんもで泣くなんて珍しい。
公園だったのだけれど、知り合いのママ以外は居なかったので、母乳を与えてみたり。
しかし、それでも泣く二世。
粉ミルクを200mlほど作って与えると、全て飲みつくしてご機嫌に。
私の母乳って・・・。

まあ、いいか。


帰り道、ベビーカーの中での二世。





足




足をつかんで、へらへらしていた。




「いい加減歯が生えてきたんだから、離乳食を始めないと」と、実母。
どこかで聞きかじったのか、『離乳食を始めると、同じ時間に必ず毎日何かしらを与えなければいけない』という、思い込みがあった私。
毎日継続なんて面倒だなぁという思いがあり、来週から、明日から、そのうちね、と放置していた。
「そんなもん、できる時だけでいいのよ」と、実母。
確かに私の妹たちは、特別に離乳食というものは食べていなかったような記憶がある。


ということで、夕食時に、離乳食を与えてみることに。

炊飯器で普通に炊いたご飯。
そのご飯を少しとって。
鍋に入れて、水を適当に入れて。
(あ、多いかな、とか言って水を捨てたり)
火にかけて沸騰させながら、お玉の後ろでぐちゃぐちゃ適当にご飯を潰してみたり。
全然潰せてなくて、ご飯の粒がある状態だけれど、水はなんとなく白いなぁ位で終了させてみて。
(というか、面倒だったから)
その上澄みを、二世に与えてみた。
さじを、歯固めと同じ素材のものにして。
4~5口食べた。

そして、その残りは親が食べて終了。


こんな程度のことだったら、出来るときに適当に続けられそうな気がする。
特別に離乳食を作ることはしないで、出来るときに、有り合わせでやってみようと思った。



感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ





Permalink | Comment: 2 | Trackback: 0

またまた歯医者へ (生後174日 5ヶ月と21日)

2006/03/19(日) 18:02:25 [おんも] #

あっという間に日曜日。
ということで、二世を夫に託して歯医者へ。
やたらに風がびゅーびゅー強く、閉口。
行きたくないなぁ。

歯医者に到着してみると、再来の一番乗りだった。
(午後の一番最初の予約だった)
しかし、ココの歯医者はやたらに待つような気がする。
昔行っていた歯医者は、診察室に入るのは患者さん一人に先生一人、という感じだった。
ココは、いっぺんに三人を診察室へ呼び入れている。
それで、主となる先生は一人、という状態。
詰め物の高さを技工士さんが調節して。

待つ。

何故か待ち時間に、歯石を取る。
頼んでないのになぁ。
嫌だなぁ。
水が出てくるのが不快でたまらない。

荷物をまとめて帰りたくなってしまう。

そして、先生がやってきて、詰め物をつめる。

先生出番終了。

まるで、代官山かどこかの美容院か?という感じ。

そして、技工士さんが「次回は・・・」と、おっしゃる。
もう終了では、と思ったのだけれど。
「右の上の親知らずに虫歯があります。ヌキマスカ?」と。
先生は、違う人の治療をしながら、抜いたほうが良いことを示唆していらっしゃる様子。

適当に、次回の予約を取ってみた。
再びここの歯医者へ行くかどうかは微妙な感じがする。
ブッチするか、と、夫と言い合う。

さて、何でも後手後手の我が家。
妊娠五ヶ月のときの、戌の日の安産祈願のお参りの際に頂いた、お札?を返還に。
既にお宮参りもすませてしまっているというのに・・・。

無事にお札をお返しして、ふらふらと買い物を。
夫と、そういえば買っていなかったね、と、歯固めを買う。
というのも、最近の二世は、何でも噛んでしまうので、噛んでも安全なおもちゃが一つあってもイイだろう、との思い。
また二世の噛んでいたタオルなどを見ると、血がついていることも多く。
もしかしたら、生えてきた下の前歯が、上の歯茎を傷つけているのかも知れない。



ということで、歯固めを二世に与えてみた。



ほぅら、新しいおもちゃダヨ。




歯固め



はうっと、歯固めを引っつかんで、両手で触る。



そうして。




歯固め




口に入れるは、お約束。



どうやら、気に入っている様子なので、良かった。
歯固めは、もう少し早い時期から使用するものなのかな。


夜、夫と話していてふと疑問に思ったのだけれど。
お宮参りで貰ったお札は、イツ頃返還すればいいのだろうか。
一年後とか、そういう決まりがあったりするのかなぁ。


感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ


Permalink | Comment: 2 | Trackback: 0

国鉄 (生後173日 5ヶ月と20日)

2006/03/18(土) 21:01:34 [乗り物] #

夫は仕事の日だった。
午前中に洗濯を終わらせて、チョッと遠出をしてみる気に。
夫の仕事場近くの公園へ行ってみることにした。

荷物をまとめて、二世に授乳をして。
ベビーカーに乗せようとすると、ピュゴピュゴピュゴとやられ。
大汗かいてのお出かけ。

私のお昼ご飯を買って、駅まで。
しかし、国鉄の駅はイけてない。
エレベーターはおろか、エスカレーターすらもなく、階段しかない乗り場ばかりだ。
仕方がないので、駅までベビーカーで行って、抱っこ紐に移しかえて、荷物をえっちゃかほいちゃかということに。
やたらにかさばるレインカバーをゴロゴロと落っことしてしまって、通りがかりの人に拾ってもらったり。

ホームまでたどりついて、電車に乗ろうとして、ホームと電車の段差の凄さにくじけそうになる。
コレって、階段・・・?
負けずにベビーカーを乗せる私。
初めて抱っこ紐で電車に乗る二世。
車窓の流れる風景を見て、突然大泣きを始める。
電車の中なので、サスガに焦る。
よいよいしながら、目的の駅に到着。
そこで、再び階段、階段。
もう、登山の気分。

階段を半分ほど昇ったところで、後ろから来た女性が、ベビーカーを持ってくださる。
「大変ですね」と。
大変そうに見えるのかな?と思いつつも、感謝。
イイヒトだ。

さて、目的の公園に到着して、二世をレジャーシートの上に転がす。
最初は、見慣れない風景、風、音、にビックリしていた様子だったけれど。
そのうち、寝返りをして腹ばいになる。




公園




身体を左右に揺すって、何とか移動しようとしている様子。
風に向かって、口をパクパクさせてみたり。


なんてことをやっていたら、夫がやってきた。
仕事をチョッと抜け出して、二世と遊ぶ。


散々遊んだ二世。
そのうち、顔を地面にこすり付けて泣き始める。
そうか、授乳か、と思う私。
ミルクを作る前に、広げたお店を片付けて椅子のあるところへ移動しようと、二世をベビーカーに乗せた。
乗せたとたん、眠りこける二世。
暫く途方に暮れてしまった。
が、帰らなければいけないので、寝ている二世を抱っこ紐に入れて、再び国鉄に。
二世は、ぐらぐらに寝ていて、その後ベビーカーにおろしても起きず。


「日中、3時間は戸外に出よう」は、親のほうも相当くたびれる。
というか、自分のことが何も出来ない。
この時期は、仕方が無いのかなぁ。


しかし、夫は嬉しそうにしていたので、良かったか。
それにしても、国鉄の駅はキているなぁ。
今まで、そういう目(ベビーカーがあって子連れ)で見たことが無かったのだけれど。
大変だ。
一部の私鉄の方が、まだ駅はイイカンジな気がする。


感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ



Permalink | Comment: 2 | Trackback: 0

葉っぱチギリ (生後172日 5ヶ月と19日)

2006/03/17(金) 21:17:24 [おんも] #

花粉症の薬(アレグラ)を、チビチビ飲んでいた私。
一日二回というところを、夜一回だけ飲んで寝ていた。
たいていの薬は、飲むとなんだか気持ち悪くなってきたりすることが多いので。
アレグラ、一日一回にして、10日間くらい飲んだだろうか。
なんだか気分が悪くなってきている。
ひたひたとやってきた。
一瞬、つわりか!?と思ってしまった。

ということで、花粉症の薬は、飲むのをやめることにした。
花粉症で死ぬことはないと思うので、少々は我慢しようと思う。
気分が悪いほうが、余程辛い。

実母が、実際我々兄弟の育児の際に読んだと言っていた育児書がある。
松田道雄著の「育児の百科」という本。
出産する前に、買って読んでみている私。
古い本だし、と思っていたのだけれど、なかなかどうして、とても良い本だと思う。
その本に、「5ヶ月になったら、一日3時間くらいは戸外に出たい」とある。
実践しようと努力をしているのだけれど、なかなか出来ない。

珍しく、昼過ぎからおんもへ行けそうに物事が片付いたので、出かけることに。
近所の公園へ行き、二世を抱っこしてふらふら歩く。
梅が咲いていたりして、とても綺麗。
木に近づくと、二世がにわかに活気付く。
近寄ってみると、葉っぱに興味がある様子。



葉っぱを握る。



葉っぱ




握って、握って、ちぎる。
フガーフガーと、息づかいが猛烈で、集中している様子が伺える。




葉っぱその2



なんの断りもなく勝手に葉っぱチギリを楽しんだ後、二世は泣き出す。
今まで、おんもで泣くことは滅多になく、珍しい。
どうしたのだろう。
ベビーカーに置いてみたのだけれど、ますます泣く。
それではと、ベビーカーでオムツを替えて。
ミルクを作って、与えてみた。
一気に飲みつくす二世。

お腹がすいていた様子。

そして、その後はベビーカーでオヤスミになられる。


今夜も、良く寝てくれることに期待。



感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ


Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

おんもで寝返り (生後171日 5ヶ月と18日)

2006/03/16(木) 19:30:43 [おんも] #

朝から、お取り寄せしたマロンパイを、食べる私と夫。
私の好みからすると、少し重たすぎるような。
ここのケーキ類は、ウォールナッツリングとか、パウンドケーキの方が好みかな。

などと思っていたら、夫に抱っこされた二世がマロンパイに興味を示した。





マロンパイ




お皿が運ばれていくサマの一部始終を、眼で追う二世。
食べたいのかな。


午後、ママ友達と近くの公園へ行く。
レジャーシートを敷いて、地面に二世と、友達の赤ちゃんを並べて置いたのだけれど。
二世は、隣に寝ている赤ちゃんの洋服をつかみ、認識し、そして大泣き。
今まで、隣に赤ちゃんが寝ていても、泣いたことなどなかったのに。
どうしたのだろう。

暫く抱っこをして、再び下へおろしてみる。


そうすると。





おんも




早速寝返りをして腹ばいになり、辺りを見回す二世。
今までは、おんもでは寝返りは全くしなかったのだけれど、とうとうおんもでも寝返りをするようになってしまった。
草だらけになって、帰宅。


これだけおんもで遊べば、今夜は寝てくれるかな、と期待。



感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ



Permalink | Comment: 5 | Trackback: 0

また落とした (生後170日 5ヶ月と17日)

2006/03/15(水) 20:05:55 [おんも] #

昨日短時間しか、おんもに出なかった二世。
そんな彼は、昨夜はなかなか寝付かず。
泣いて騒いだわけではないので、まだ良かったのだけれど。
ベビーベッドに入れると、天井を見上げてはふはふ両手両足をばたつかせて、たまに奇声を発していた。
そして上方向に進んで、ベビーベッドの壁に頭をぶつけてもなお、はふはふをやっていた。
何回、下に引きずりおろしたのやら。

そして今朝、朝目覚めると物凄いクシャミと鼻水。
ああ、なんだか今日の花粉症は酷そうだ。
お天気が良かったので、必死こいてパジャマやらシーツやらを洗う。
その間にも、ツーン(鼻がツーン)ジワー(涙が出る)ダー(鼻水ダー)の繰り返しで、最終的にはティッシュで鼻栓をした。

昨日の反省で、花粉症にもめげずに昼間からおんもへ。
眼鏡の上からゴーグルをして、ティッシュで鼻栓をしてマスクをかけて、帽子をかぶってみる。
冬用の帽子だと、ゴーグルがうまくはまらないので、真夏の帽子をかぶってみたりと、季節感ゼロのいでたち。
ベビーカーには、小型箱ティッシュを搭載。

そういう格好の時には、とかく知り合いに遭遇してしまうもので。
皆一様に気の毒そうな顔をしては「酷そうデスネ」と、おっしゃる。
そんなに酷そうに見えるのかな。

途中で、完全母乳の知り合いママとベビ(8ヶ月)に偶然会う。
公園で、お茶などを飲みながら話しを少々。
「夜の授乳がまだあって、ソレが」とおっしゃる完全母乳ママ。
来月から保育園に入園するために、徐々にミルクも足しているとのこと。
夜だけミルクを足してみても、100mlくらいしか飲まずに、やはり夜中に起きるとか。
二世も、100ml程度しか飲まずに眠ってしまうことがあるなぁと思ったり。
しかし今のところ、夜中は起きずに朝まで続けて寝ている二世。
何が違うんだろう。

帰ろうと思って、がらがらベビーカーを押していて気が付いた。
ベビーカーに搭載した、小型箱ティッシュが無い。
落とした様子。
ああ、また落とした。
なんだか注意力散漫な今日このごろだ。
花粉症は、今季一番の酷さだったような。
鼻の穴が、外から見ても赤くなってきた。



感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ










Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

危なかった (生後169日 5ヶ月と16日)

2006/03/14(火) 19:27:11 [一号(二世)] #

まだ疲れが取れきっていない様子の私。
今日も、お昼頃に沈没。
昨日の『殴られた』経験を生かし、今回は自分のベッドに沈没。
二世は、リビングの床の上で大の字でオヤスミになられていた。

私が起きると、不思議と二世も起きる。
何故だろう。
まぁいいかと、暫し眼を離す。

「あーーうーー」という声が聞こえなくなったので、見に行った。
すると、寝かせていた場所とは明らかに違う場所で腹ばいになっている二世。
何故?
一瞬理解できない。
更に、何かをもぐもぐしている。
近寄ってみると、ティッシュの残骸を手に持っていた。
ならばと箱を見てみると、飛び出したティッシュがガギガギになっている。
ハッと思って、手のティッシュを取り上げて、残りの破片のガギガギ箱ティッシュとあわせてみる。

一枚には足りない。

多分、二世がしゃぶって食べてしまったのだろう。
大丈夫かな、と不安になる私。
どうにかなったらどうしよう。

グータラしていると、夕方近くになってしまう。
慌ててベビーカーを押して外出。
なんだか頭がぼ~っとしている。
花粉症のせいかなぁ。

間口の狭いお店に入ろうと思って。
人口密度が高かったので、暫く見ていた。
チョッと、扉を開けたり見に行ったりしようかな、と思って。
ベビーカーから手を離して、お店のドアを開けようとした。
その時。

背後から「あ~~っ」という声が聞こえてきて。
何かと思って振り向くと、二世が乗ったベビーカーが、ひとりでにころころ動いていた。
そして、危うく車道に入りそうになったところで、私がぜぇはぁひっつっかんだ。
間口の狭いお店から車道にかけて、緩やかな坂になっていたのだ。
「今までも大丈夫だったし、まぁ大丈夫だろう」と思った私の不注意だった。
通りがかりのおばさんが、「あ~~っ」と、言っていた、とうわけ。

全く気が付かずに、機嫌よく指を吸っている二世。

ああ、反省。
一歩遅ければ、車にはねられる大事故になっていたかも知れない。
落っことすなんていうのより、酷いことだ。
少しでも、子供から離れてはいけないのだなぁと、痛感させられた。

以後、気をつけようと思う。



感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ




Permalink | Comment: 4 | Trackback: 0

殴られた (生後168日 5ヶ月と15日)

2006/03/13(月) 15:45:08 [一号(二世)] #

5ヶ月も折り返し地点か、早いな。
この調子で、2~3年あっという間に過ぎてしまいそうで怖い。

二世は、授乳二回ごとに20分ほど一眠りしてという感じで昼間を過ごしている。
土曜日の、夫実家訪問その他デパート関連のお出かけが響いているのか、なんだかしんどくしんどくて仕方が無い私。
床に転がる二世の隣に、私も転がった。
彼は、起きているリズムだったために、「んばっ!んまっ!あーー」と盛んに手を振り回しながらお話しをしている。
そして、泣き出しそうになる二世クン。
泣かれてしまっては面倒だと、木のおもちゃを目の前でちらちら。
「はうっ」と、木のおもちゃを取る二世。

と、そのまま私は、眠ってしまったらしい。
どのくらい時が経ったのだろう、気がつくと二世に顔を殴られていた。
正確には、彼が闇雲に振り回した木のおもちゃで、前歯~唇辺りをガツンとやられた。
「あいたたたっ」と叫んで、起きてしまう。

花粉症で鼻が詰まっている私は、どうしても口を開いてしか寝られない。
出っ歯な私は、ますます歯がむき出し、というわけ。

今度からは、二世から少し離れたところで寝るようにしようかな。


ガラガラとベビーカーで出かけて、お取り寄せしたパンだのの代金を支払う。
無骨なドイツパンなのだけれど、子供の頃から食べつけているせいか、気に入っている。
子供が産まれてからは、ますますお取り寄せに頼っている生活なので、使用頻度が高い。
ホワイトデーのお返し(夫使用分)やら。
ヴァレンタインデーを失念していた私の、夫への分やらも購入した今回。

郵便局を出ると、雪が舞っていた。
二世を抱っこして、雪を見せてみる。
「ほぅ」と、言う二世。
喜んでいると、解釈。

帰宅すると、早速ゴロゴロ寝返りをする二世。
そして、徐々に飛行機ぶーんの格好に到達。






ぶーん




私も隣で、同じく『飛行機ぶーん』をやってみる。
腹ばいになって。
足を上げて。
お尻の先っちょも上げて。
首を高く上げて。
両手を広げる。

恥骨が痛くてかなわない。
結構しんどい姿勢だ。
凄いな、二世は。
一日中こんなことをやっていて、疲れないのかな。




感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ


Permalink | Comment: 2 | Trackback: 0

歯医者へ (生後167日 5ヶ月と14日)

2006/03/12(日) 20:12:48 [私の体調] #

昨日のお出かけがこたえたのか、今日の午前中の記憶があまりない。
何をしたんだっけ。

一ヶ月前くらいから、なんとなく痛かった奥歯。
段々と痛むようになってきていた。
歯医者へ行かねば、と思いつつ、来週には、明日にはと、先延ばしにしている。
歯医者、嫌い。怖い、苦手。
どうにもこうにも痛くて仕方が無いので、歯医者へ行くことに。
近所で、日曜日もやっている歯医者を発見。
電話番号を調べて、暫し考える。
「嫌だなぁ」と言っていると、夫が予約の電話をかけて予約をとってくれていた。
有難う。

歯医者の前に、お散歩へ出かける。
昨日買った、眼鏡の上からかけるゴーグルをして、マスクをかけるといういでたち。
我ながら、『凄い人が来た』という感じ。

まあ、いいか。

どうかと思っていたゴーグルだけれど、割と良い感じの様子。
眼が痒くならないのは、素晴らしい。

さて、歯医者の時間になって。
嫌だ嫌だと言いながら出かける。
二世は、夫へ託す。
歯医者は、超混雑していた。
待つ、待つ。
40分以上も待って、診察室。

診察台の上に横になって気がついたのだけれど、私は花粉症のせいで鼻が詰まっている。
それが横になると、ますます悪くなる。
診察台が倒されると、鼻呼吸が出来なくなって、口でパクパク息をしなければいけなくなってしまって、とても苦しい。
しかも、顎関節症持ちで、口を長時間開けているのが辛い。
つばを飲み込みたくなるし、苦しいし、口は痛いしで、苦痛だった。
二重苦、三重苦だなぁ。

気を紛らせるために、色々考えてみた。

船の上で歯医者
酔いそうな上に、こんな格好でいたら、ますます具合が悪くなりそう。

宇宙船で歯医者
宇宙船、乗ったことがないので、どんな感じか分からないけれど、酔いそうだなぁ。

なんだか乗り物ばかりだ。

授乳しながら歯医者
最近の二世は、私の乳首を引っ張ったり伸ばしたりする。
痛くてたまらない。
そんなことをされながらも、辛そうだ。

歯型を取る間、クシャミが出そうになって、必死でこらえた。
クシャミが出たら、やり直しだろうか。

ようやく今日は終わり。
もれなく来週の日曜日に予約が入ってしまった。

病院を出たところで、夫からの留守電に気がつく。
聞いてみると、BGMに二世のぎゃわわが流れつつ「どうしてマスカ?」と夫。
帰宅してみると、二世は真っ赤な泣きはらした眼になっていた。

子連れ可能な歯医者があればいいのになぁと、思った。
世の中のお母さんたちは、みんなどうしているのかな。
歯が痛くなっても、我慢しているのかな。



感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ



Permalink | Comment: 5 | Trackback: 0

お義母さん (生後166日 5ヶ月と13日)

2006/03/11(土) 20:48:03 [乗り物] #

夜中、二度ほどクシャミをして起きてしまう私。
クシャミをすると、鼻水が垂れてくるので、鼻をかむ。
二世クンは、夜中は殆ど起きないのに、クシャミ鼻水で起きてしまう自分が情けない。
というか、悔しい。

そして起床すると、決まって、鼻血が出る私。
鼻栓をして、朝食の準備に取り掛かる。
昼間は殆ど出ないのに、何故朝に出るのかな。
乾燥するから?なのかなぁ・・・。

お昼から、夫の実家へ二世クンを伴って行く。
お義母さんは、昨年大病を患って、二世クンとは、初のご対面ということに。
不思議と二世クンは、泣きもせずに大人しくニコニコしていた。
きっと、初めて会う人々との対面を楽しんだ、というところなのかな。
二世クンを見たお義母さんは一言、「この子は活発そうでお母さんが大変よ」、と。
なんだか、そういう予感がしていたけれど、そうなのかな。
いや、“赤ちゃん”という生き物は、ダレもが活発なのだ、二世は普通だと、自分に言い聞かせる。
接待係は二世クン、という感じで、夫実家訪問は終了。

そして再び移動して、タカイモノヤへ行く。
デパート、行きたくてたまらなかった私は心が躍る。
逆に、疲労感でイッパイになる夫。
そして、コンコンと眠りに落ちる二世クン。

あはは、うふふ、と、見て周りたいところだったのだけれど。
二世クンの洋服を見に行くことに。
オムツ替え、着替え、その他二世クンの洋服に関することではトコトン楽がしたかった私。
ベビー服は、実母の意見を参考にして、着せやすそうなものを同じ商品で何枚か買って、ソレをローテーションしていた。。
写真をご覧になって、もうお気づきの方も多いかと思うのだけれど、ベビー服制服化だ。
その“制服”が、いい加減ボロけてきて、更に小さくなってきたので、新たな“制服”を探すことに。

このデパート、ベビーカー&車椅子専用エレベーターというものがあって、驚いた。
物珍しさで、とりあえず乗ってみたり。

色々ゴチャゴチャと購入して、結局送ってもらうことに。
二世クンがゴチャゴチャ言い始めたので、ベビー休憩室へ行く。
授乳室が、イマイチだなぁという感じがした。
以前行ったデパートの方が、イイカンジだった。

さて、夫の提案で、花粉症グッズを物色する我々。
眼鏡の上からかけられるゴーグルを購入。
まさか自分がこんなものを買うことになるとは、微塵も思っていなかったので、少々ショックだったり。
試飲にひっかかって、凄いお茶というものも購入。
溺れる者は藁をもつかむ、しかし高いなぁ。

デパ地下でお弁当を買って、帰宅。
二世クンは、驚くほど寝なかった。

と思ったら、お風呂に入って、コテンと寝てしまう。
やはり二世クンも疲れたのだね、と、夫と話す。

お茶の効果を期待。



感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ

Permalink | Comment: 2 | Trackback: 0

方向転換 (生後165日 5ヶ月と12日)

2006/03/10(金) 20:31:21 [ママ友達] #

雨降りだった。
雨降りなのに、鼻水、クシャミが酷い。
涙を流しながら、授乳をしたりしている。
レインカバーをつけたベビーカーで、出かける。

郵便局へ行って、使わなかった往復葉書の半端分を交換。
現金にかえられないのか聞いてみたけれど、ダメらしい。
50円切手数枚と、往復葉書数枚に交換。

花粉症グッズなどを見て、買う気満々になりながら、冷やかす。
そして、再び移動していると、赤ちゃんの月齢が二世よりもチョッと上の、ママ友達に遭遇。
街を歩いていると、ママ友達に遭遇する率が割りと高いのだけれど。
多分、生活時間帯が似通っているせいだと思う。
「動かないウチは、まだイイよ」と、ママ友達。
そうか、動き出すと、ますます大変なのか。



帰宅すると、二世クンは仰向けから腹ばいになり。
お尻を中心にして方向転換をして。
そして、再び仰向けになり。
またまた腹ばいになって、ガラクタの山に突っ込んだ。

いや、行ってみたら、ガラクタの山に突っ込んでいた。



寝返り2




動き出す日も近いのかな、と、少し憂鬱になってみたり。




感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ


Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

左側への練習 (生後164日 5ヶ月と11日)

2006/03/09(木) 21:06:53 [一号(二世)] #

盛んに寝返りをするようになった二世クン。
起きている時の殆どの時間、腹ばいの姿勢で生活している。
仰向け→腹ばいになる方向だけれど、いつも二世クンにとって、右側の方向でやっている様子。
今のところ、片側だけしか寝返りをしない。
なので、二世クンの右側を広くとったバスタオルの端っこに寝かせておけば、割とイイカンジだったりする。


と、思っていたのだけれど。






左寝返り練習





左側への寝返りの練習を、お始めになられた様子。


---------- キリトリ -----------

18時ごろ、玄関の鍵がガチャガチャいって、誰かが入ってきた。
「ついにピッキングをやられた」と思い、身構える私。
夫だった。
こんなに早く帰宅したのは、結婚して以来二回目くらい、という早い時間だった。

夕飯を食べて二世クンをお風呂へ入れると、再び呼び出されて仕事へ。
大変そうだ。



感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ




Permalink | Comment: 4 | Trackback: 0

読書 (生後163日 5ヶ月と10日)

2006/03/08(水) 13:22:44 [一号(二世)] #

二世クンの、布絵本への執着が強いので、何かそういう本はないものかと本屋さんへ。
お目当ての布絵本は、いまいちシンプルさに欠けるものしかなかったために、別の本を買った。
そういえば小さな頃、ウチにあって、妹たちも読んでいたなぁと。


いないいないばあ




帰宅すると、早速腹ばいになって騒ぐ二世クン。
ソレデはと、本を読んであげることに。
最初は、ポケッと眺めているだけの二世クンだったけれど。
読み進めるうちに、興味を持ったのか、ページをめくる動きを追うように。
よくよく見てみると、ページをめくるのを追っているというよりは、挿絵に釘付けの様子。




読書1




鼻息を荒くして、興奮して見入っていた。
手を出してつかもうとしていたけれど、重たくて持てず。
最終的には、しゃぶろうとして、それも出来なかった様子。



自分で文字が読めるようになるのは、イツ頃なのかな。




感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ



Permalink | Comment: 2 | Trackback: 0

歯と喃語 (生後162日 5ヶ月と9日)

2006/03/07(火) 11:28:53 [一号(二世)] #

昨日、予防注射へ行った時、看護師さんに言われて気がついた。
「あら、もうすぐ歯が出てくるネ」と。
二世クンの口の中を見てみると、下の前歯のところに、二箇所白いぽちっとしたモノが見える。
寝返りなどの身体を動かすことは、普通に発達するだろうけれど、歯だとか、身体の発達は遅いに違いないと思い込んでいて、「歯はまだまだで、白いのはどうせミルクかすか何かダヨ、もしかしたら吐乳かも、やべーやべー」と、思い込んでいた。
そうか、歯が見えてきたのか。
道理で最近、舌をペロペロ出したり、ガジガジ噛んだり、ちゅくちゅく吸ったりしていたわけだ。
おっぱいを吸われる時も、痛いときがしばしばある。
出したり入れたり引っ張って伸ばしてみたりと、やり放題だからかな、と思っていた私。
歯茎が痒かったのかな?

妊娠が発覚する前、4週とか5週とかその辺りでは、無性にウナギの骨の素揚げを食べて。
つわりが終わった辺りでは、やたらに牛乳を飲んでいたような。
関係があるのかどうか分からないけれど、その時期に出来ていたのかなぁと思うと、感慨深い。


最近の二世クンは、喃語の種類が増えてきた。
一ヶ月健診を終える辺りから、泣く以外の声がナニヤラ聞こえだして。
その後は「あくーん、うくーん」と言い出し。
今年に入ってからは「あぁ~うぅ~ぶ~」と増えて。
ここ数週間で「んばっ ぅおんもぅ んまぁ」などと言い始めた。

おんもから帰って、家に入って、そこで二世クンが泣き始めることが多いのだけれど。
「明らかに“おんも~!”と泣いているヨ」と、夫が言う。
「たまたまそう聞こえるだけダヨ」と、流していたのだけれど。
彼の中で『おんも』と『ぅおんもぅ』が、結びついているかは謎だけれど。
昨日よりは今日、という風に成長を遂げているようで、少しオソロシクなる。



感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ





Permalink | Comment: 2 | Trackback: 0

DPT二回目 (生後161日 5ヶ月と8日)

2006/03/06(月) 21:19:10 [病院・病気・注射・健診] #

今日は、DPTの二回目。
「ちっくんの日ダヨ」と、昨日から脅かしている夫と私。
感づかれて眠らないかと思った昨夜だけれど、普通に寝てくれて良かった。

天気予報では雨が降るようなことを言っていたけれど、外は晴れているような・・・。
洗濯をしようかしまいか迷ったけれど、弱気にしてみる。
更に弱気になりながら、ベビーカーのレインカバーを、たまひよの小さなバッグにぎゅーぎゅー詰め込んで、ベビーカーのフックにかける。

そして、注射へと出かける。
今日は、先日下見をした『小児科・内科』の病院へ。
相変わらず、クシャミが凄くて鼻水は滝のようで、眼は痛い状態なので、マスクをかけてベビーカーを押す。
しかし、風が強い。
がらがら走らせていると、暑い。
コートを脱いでしまってから、二世クンも暑いに違いないと思い、チョッキを脱がせる。
そこでふと、手元を見て気がついた。
ベビーカーのフックにかけた、レインカバーを入れた、たまひよの小バッグが無い。
後ろを振り返って見たけれど、無い。
無い。無い。無い。
しかし、探している時間も無いので、病院を目指す。

病院は、すいていた。
予防注射専用部屋に通されて。
一回目に行ったクリニックは、思いっきり他の患者さんも居る普通の待合室で待機状態だったので、ソレよりはいいのかも知れない。
熱もなく、「元気ですか?」という先生の言葉にも「はい」と答え。
注射のお時間。
やたらに押さえつけられる姿勢をとられ、多分二世クンは、冬彦さん顔になったのだろう。
「この体勢、なんだか思い出したかな~?」と、看護師さんに言われている。
直後、大泣きを始めた。

注射を終えた二世クンをガラガラ押しながら、行きに通った道を正確に帰る。
必死でアチコチ見回しながら、『たまひよバッグに入ったレインカバー』を探す。
探している間に、ウチに着いてしまった。

ショック・・・。

なくした。


午後、ママ友達とお散歩へ。
風がビュービュー吹き荒れる中、レインカバーのことを愚痴る。
やはり、新しいものを買ったほうがいいかな、という見解。

さて、帰宅してみると、トテモ眼が痒い。
痒くて仕方が無い。
クシャミをしつつ、気が済むまでチョコットこすってみたり。
ハッと気がつくと、眼が痛い。
鏡で自分の眼を見てみたのだけれど。
ママレモンで洗ったような眼になっていた。
ウサギちゃんの眼を通り越して、スーパーで売っているチョッと古くなった魚のドヨンとした眼のようになっていた。
目薬をさしていると、二世クンが腹ばいになって暴れる。




ジャンプ1




こぶしを地面に叩きつけて、上体を弾ませている。
よく、予防注射の後は『激しい運動はしないで下さい』と、言われたのだけれど。
コレ、激しい運動ですよね・・・?


それから、流れる鼻水を押さえるために、鼻栓をして夕飯の準備をする。
今季一番の酷さの花粉症状だ。
夜は、耐えられずに薬を飲んだ。
授乳中でも、割と影響の無いと言われている薬らしいけれど。
ズバッとは効かないけれど、確実に楽になった。
あまりに辛いときは、薬を飲もうと思った私だった。




感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ




Permalink | Comment: 4 | Trackback: 0

インターセプト (生後160日 5ヶ月と7日)

2006/03/05(日) 18:38:57 [おんも] #

昼頃には帰宅する予定だった夫が、仕事が長引きそうだと連絡をしてくる。
一緒におんもへ行こうと思っていたのだけれど、そうもいかないようなので、とりあえず二世クンと2人で出かけることに。

花粉症(多分)が酷い私は、マスクを二枚重ねにする。
八百屋の下見などをしつつ、ウロウロ。
近くの、自然がイッパイ木がイッパイのところへ出かける。
例によって、下にレジャーシートを敷いて二世クンを転がす。
なんてことをやっていたら、夫がやってきた。

夫がやってきて、二世クンは嬉しそう。
抱っこされて、キョロキョロと辺りを見回している。
自然がイッパイ木がイッパイのところは、花粉もイッパイだった。
更に眼が痒くなり、鼻水が流れる。
二枚重ねマスクも役立たず。

二世クンをベビーカーに降ろしてみたら、満面の笑みだった。


おんも




夕飯時、ハイローチェアーに座らせていた二世クンがぐずぐず言い始める。
仕方が無いなぁと言いながら、二世クンを抱き上げる夫。
夫は、二世クンを抱きながら、ご飯を食べる。
すると。




ご飯1




二世クンが、手を出した。
お茶碗に添えられた夫の手を引っ張り、口を持っていっている。
インターセプトだ。



やはり、食べてみたいのかなぁ?
それとも、おもちゃを口に入れて確かめるのと同じ感覚なのかなぁ?




感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ


Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

不安が現実に (生後159日 5ヶ月と6日)

2006/03/04(土) 12:32:34 [家事] #

リビングのカーテンを洗った。

リビングのカーテンを洗った。

お正月に洗おうと思って今まで放置していたのだけれど、ついに遂行したので、二回繰り返してみたり。

昨夜は、鼻が詰まってなかなか寝られなかった。
片方を下にすると、たいていはどちらかの鼻が通るのだけれど、昨夜は両方詰まっていた。
悶々と、3時ごろまでゴロゴロ寝返りばかりしていた。


久しぶりに晴れ渡っていたので、洗濯をする。
二回まわし終えた時点で、まだ午前中だったので、リビングのカーテン洗濯に着手。
お手洗いに保管してある脚立を引っ張り出して。
引っ張り出した脚立を見てみると、汚れていて異臭を放っていた。
お手洗いで保管したのが間違っていたのかも知れない。
とりあえず拭く。

そして、脚立に登ってエンヤコラとカーテンを外す。
作業もクライマックスという辺りで、二世クンがぎゃーぴー泣き出す。
何故、赤ちゃんという生き物は、クライマックスで泣いてくれるのだろう。

生肉を切り始めたときとか。
お風呂掃除を始めて、懸案の排水口に着手したときとか。
私がお手洗いに入って、うんうん気張っているときとか。

ぜぇはぁ。
数え上げればキリがないのでこの辺で・・・。

二世クンの授乳を終えて、再びカーテン。
エンヤコラと脚立に登って外したカーテンを、半分枚洗濯機へ。
その合間に脚立をお風呂場へ持ち込んで、ゴシゴシじゃーじゃー洗う。
そして、脚立をベランダに出して干す。

なんてことをしている間にも、二世クンは腹ばいになっている。
嬉しそうに、ほえている。

「何やってるの~?」と、抱き上げてみると。
なんと、お腹部分が茶色い。

ん?と、よくよく見てみると。

うんちがお腹に漏れていた。
それも、相当漏れている。

きゃぁぁぁぁんと、思わず叫んでしまった。
そんな私を見て、きゃっきゃっと笑う二世クン。
ちっともオカシクありませんから。

とりあえず、下に布オムツを敷いて。
二世クンを押さえつけて、洋服を脱がせる。
しかし、ばたばた暴れて更に被害を広げる二世クン。
何枚使ったのだろう、お尻拭き。
ようやく着替えさせて、ホッとする。
石鹸水バケツを作って、うんちまみれの洋服を突っ込む。
一晩つけておけば、何とかなるだろう。

腹ばいになったところで、ぴゅごぴゅごぴゅごとやられた様子。
先日の不安が、現実となってしまった。

カーテンを洗う気が失せてしまう。
が、気合で残りのカーテンも洗う。





そんな二世クンだけれど。


足1




自分の足を、発見しつつある様子。




感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ


Permalink | Comment: 5 | Trackback: 0

お誕生日と結婚記念日 (生後158日 5ヶ月と5日)

2006/03/03(金) 20:33:40 [行事] #

3月3日の今日は、私の31回目のお誕生日でもあり、結婚記念日でもあり。
夫が、午後半休をとってくれることに。
そこで、私が美容院へ行き、夜は外食をしようという計画。

午前中、洗濯をして。
昨日出来なかった、お手洗いの掃除をして。
部屋に掃除機をかけて。

へたばった。

相変わらずクシャミが出て、鼻水が凄い。
イツになったら、良くなるのかなぁと、遠い目になってしまう私。
なんだか、昨年の今頃のつわりを思い出してしまう心境。
がしかし、花粉症の方が、つわりの何百倍もマシだ。
というか比較するのが間違っているような。

夫に二世クンを託して、午後から美容院へ。
駅に向かっていると、見たことのある人がベビーカーを押して歩いていた。
よくよく見てみると、ママ友達(たまに会う)だった。
「あ~」と、声をかけてみたが、なかなか気がついてくれない。
近くに寄って、声をかけると、驚かれた。
「分からなかった~、誰かと思ったヨ」と。
そうか、お化粧などをしているからか。
普段は、ノーメィクで眼鏡でベビーカーを押しているので、あまりに違うらしい。

電車に揺られてゴトゴト。
一人で電車に乗るのは、久しぶりだ。
段差だとか階段だとかを気にしないでいいというのは、有難いもの。

私の担当の美容師さんは、相当の花粉症持ちだとか。
今年も、薬を飲んでいるなどとおっしゃる。
が、「昨年の方が酷かったです」とのこと。
何故私は、今年の方が酷いのかな。
ま、深く考えないことにしよう。
どうやら花粉症のシーズンは、4月くらいとのこと。
「4月に入ったら、随分楽になりますよ」と。

帰りに銀行によって、通勤ラッシュの電車に乗る。
久しぶりだなぁ。
帰宅すると、二世クンは飲みっぷりが良かったらしい。
私と居るときは、たいていそんなに飲まないのだけれど。
毎回200ml以上を飲んだらしい。

夫に預けている時間帯は、普段だったら母乳でまかったり、母乳で足りなければ粉ミルクを足している。
そして、寝る前の授乳は粉ミルクオンリーにしている。
がしかし今日は、早い時間帯が粉ミルクオンリーになっていて。
そうしたら、ということで、寝る前の授乳を母乳+粉ミルクにしてみた。
しかし、普段の調子が狂うと面倒で仕方が無い。
贅沢を言ってはいけないなぁと思うのだけれど。



結婚する前からの知人に、毎年恒例のお花を頂く。
その方は男性なのだけれど、私はとても尊敬していて、困ったときなどは相談に乗っていただける方だと思っている。




お花1



二世クンは、お花に興味津々だった。
最初は怖がって泣いていたのに。



感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ


Permalink | Comment: 3 | Trackback: 0

ぱかぱっパカパッ (生後157日 5ヶ月と4日)

2006/03/02(木) 19:00:40 [一号(二世)] #

腹ばいが、自分の中で流行っているらしい二世クン。
起きているときは、たいてい腹ばいの姿勢でいる。
仰向けに寝かせても、寝かせても、気がついたら腹ばいになっている。

腹ばいになるのはいいのだけれど、そこらにあたり構わず吐乳するのはやめて欲しい。
腹ばいになる際、かなり手足を突っ張るので、下に敷いてあるバスタオルやらなにやらが、ぐちゃぐちゃになり、時には二世クンは敷物からはみ出していることもある。
追い掛け回して拭いて回るコチラのことも考えて欲しいな。
授乳直後に腹ばいになり、家中に響き渡るようなゲップをしたりと、冷や冷や。

腹ばいで、もう一つ。
腹ばいの姿勢で、ピュゴピュゴピュゴと、うんちをなさるのだけれど。
今のところは、オムツの中におさまっているが、とても嫌な予感がする。

腹ばいで更にもう一つ。
『仰向け→腹ばい』は出来て。
『腹ばい→仰向け』も出来る。(私が腹ばいにさせてやって)
がしかし、不思議なことに『仰向け→腹ばい→仰向け』は出来ない。
のっぴきならなくなって、助けを呼ぶことが分かっているならば、常に腹ばいになろうという姿勢はいかがなものかと思う。

いやはや。
赤ちゃんに、そんなことを言っても、仕方が無い。
と、自分に言い聞かせる。


最近の二世クンは、夫が発案した『暴れん坊将軍ごっこ』が、とても気に入っているらしい。
なんのことはなく、仰向けに寝た我々のお腹の上に二世クンをまたがらせて。
暴れん坊将軍のテーマ音楽(多分)を、歌って、それにあわせて二世クンを揺するというもの。




暴れん坊将軍1




こんなバカバカしいもの、と思ったのだけれど、奇声をあげて喜ぶ二世クン。
おかげで、暴れん坊将軍のテーマ音楽(多分)が、一日中耳をついて離れない。
番組開始後35分過ぎ辺りで、マツダイラケンが、オワリヤをはじめとする悪軍団を切って切って切りまくるときの音楽。
多分ハ短調だったような(マニアック過ぎ・・・)


なんとなくは歌えるのだけれど、確実に正確には思い出せない。
CDとか、売っているのカシラと、ふと思ってみたり。


感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ

Permalink | Comment: 2 | Trackback: 0

| HOME | Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。