[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

退院

2005/10/04(火) 10:10:12 [出産] #

いよいよ退院の日。
午前中に退院ということで、朝から忙しい。

ここの病院では、「泣いたら母乳をやって、一定の時間与えて、それから置いて、それでも泣いたら粉ミルクを足しましょう」という指導を受けた。
母乳は素晴らしいけれども、何がナンデも母乳オンリーにしなさい、ということは言われていない。
昨夜は20:00の後が3:00、そして7:00という授乳。
朝の授乳では、母乳だけで満足することが殆どなのだけれど、珍しく泣いている二世クン。
それではと、粉ミルクを与えると、割とたくさん飲む。
飲み終わり、ああ忙しいとウロウロしていると、吐乳。
今まで吐乳は割とあったもの、タラリ程度だったのだけれど、今回は割と多い。
どこか具合でも悪いのかと右往左往していると、助産師さんがやってくる。
「お母さんの緊張が伝わって、僕ちゃんも落ち着かないんだよね」と笑顔の助産師さん。
どうやら、具合が悪いといった状態ではなさそう。
『よくある』事らしい。

夫やら実母やらがやってきて、いよいよ退院。

生まれて初めて、外へ出る瞬間。
まだよく目が開いていない。


taiin_1


タクシーに揺られて家へ。
二世クンは、ギュっと眼をつぶって『がまん』という顔をしていた。
家へつくと、泣き叫ぶ二世クン。
母乳やら粉ミルクやらをやって、ようやく落ち着いて眠る。
吸い込まれるように私も眠る。

気がついたら夫が、帰ってしまって、居なくなっていた。
退院は、意外と疲れるものだ。
スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。