[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

お義母さん (生後166日 5ヶ月と13日)

2006/03/11(土) 20:48:03 [乗り物] #

夜中、二度ほどクシャミをして起きてしまう私。
クシャミをすると、鼻水が垂れてくるので、鼻をかむ。
二世クンは、夜中は殆ど起きないのに、クシャミ鼻水で起きてしまう自分が情けない。
というか、悔しい。

そして起床すると、決まって、鼻血が出る私。
鼻栓をして、朝食の準備に取り掛かる。
昼間は殆ど出ないのに、何故朝に出るのかな。
乾燥するから?なのかなぁ・・・。

お昼から、夫の実家へ二世クンを伴って行く。
お義母さんは、昨年大病を患って、二世クンとは、初のご対面ということに。
不思議と二世クンは、泣きもせずに大人しくニコニコしていた。
きっと、初めて会う人々との対面を楽しんだ、というところなのかな。
二世クンを見たお義母さんは一言、「この子は活発そうでお母さんが大変よ」、と。
なんだか、そういう予感がしていたけれど、そうなのかな。
いや、“赤ちゃん”という生き物は、ダレもが活発なのだ、二世は普通だと、自分に言い聞かせる。
接待係は二世クン、という感じで、夫実家訪問は終了。

そして再び移動して、タカイモノヤへ行く。
デパート、行きたくてたまらなかった私は心が躍る。
逆に、疲労感でイッパイになる夫。
そして、コンコンと眠りに落ちる二世クン。

あはは、うふふ、と、見て周りたいところだったのだけれど。
二世クンの洋服を見に行くことに。
オムツ替え、着替え、その他二世クンの洋服に関することではトコトン楽がしたかった私。
ベビー服は、実母の意見を参考にして、着せやすそうなものを同じ商品で何枚か買って、ソレをローテーションしていた。。
写真をご覧になって、もうお気づきの方も多いかと思うのだけれど、ベビー服制服化だ。
その“制服”が、いい加減ボロけてきて、更に小さくなってきたので、新たな“制服”を探すことに。

このデパート、ベビーカー&車椅子専用エレベーターというものがあって、驚いた。
物珍しさで、とりあえず乗ってみたり。

色々ゴチャゴチャと購入して、結局送ってもらうことに。
二世クンがゴチャゴチャ言い始めたので、ベビー休憩室へ行く。
授乳室が、イマイチだなぁという感じがした。
以前行ったデパートの方が、イイカンジだった。

さて、夫の提案で、花粉症グッズを物色する我々。
眼鏡の上からかけられるゴーグルを購入。
まさか自分がこんなものを買うことになるとは、微塵も思っていなかったので、少々ショックだったり。
試飲にひっかかって、凄いお茶というものも購入。
溺れる者は藁をもつかむ、しかし高いなぁ。

デパ地下でお弁当を買って、帰宅。
二世クンは、驚くほど寝なかった。

と思ったら、お風呂に入って、コテンと寝てしまう。
やはり二世クンも疲れたのだね、と、夫と話す。

お茶の効果を期待。



感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ

スポンサーサイト

Permalink | Comment: 2 | Trackback: 0

Comment

なんと!
私、土曜日デパートにいってましたよぅ~!
しかもタカイモノヤとどっち行こうか悩んだ末、本屋に寄りたかったのでデパートに。
もしかしたら授乳室とかで会ってたかも、だったんですね~。

タカイモノヤの授乳室はまだ行ったことなかったんですが、今いちですか。
凄いお茶、効くといいですね(*^_^*)

2006/03/13(月) 16:47:58 | URL | ムーミンパパ [ 編集]

おぉぉぉ~~
 ◆◆ムーミンパパさん◆◆
なんと、ニアミス寸前だったのですね!!
ウチは、どちらかというとタカイモノヤよりかはデパートの方が行きやすいのですが、お買い物券のために頑張って行ったんデス。
タカイモノヤの授乳室は、ソファがデンとある感じでした。デパートのみたいに、一個一個わかれていなくて、イマイチ感多しでしたねぇ。

しかし、近所を歩いていたなんて不思議な気分です。
いや~~リアルにお会いしたかったです~~。その界隈はいつでも行きますので、声かけてください(笑)
あのトピとかで、リアルにお会いしたいな~と思っているのは、私だけでしょうか(笑)

2006/03/13(月) 20:08:31 | URL | 二世の母 [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。