[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

夫のオムツ外れ

2007/11/02(金) 17:28:12 [考え事] #

お義母さんから電話をいただく。
用件終了後、夫が子供の頃のオムツのお話を伺ってみた。
夫は6月末産まれ。
ちょうど二歳になろうかというころ、夫は「暑いからオムツは脱ぐ」と言ったそうな。
そんなことをしたら、おもらししまくりなのでダメよと諭したけれど「脱ぐ」の一点張りだったそうな。
言われた通りに脱がせてみたところ、案の定おもらし。
ほれみたことかと言ったところ、もらしたのはそれ一度きりで、その後はウンさんもおしっこも言うようになったとか。

優秀だなぁ。


魚屋さんから電話がかかってきた。
だいたい土曜日に、夫にクルマを出してもらって魚を買いに行っているのだけれど。
明日の土曜日は休むよの電話だった。
それは・・・ということで、お昼寝している二世のそばでがーーーっと掃除機をかけて起こした。
さて、出かけようと思ったところで、ぐずぐずおっしゃる二世。
自転車に乗りたくないとか、ベビーカーがいいだとか、なんだとか。
挙句、ベビーカーに座って動こうとしない。
自転車で行かないと凄く時間がかかってしまうので、ベビーカーは無理ですょ。
まったくもうそんなこと言ってたら置いてくからな、と、私だけ外へ出て玄関の扉をぴちゃんと閉め。
1分ほど待つと、中から、二世の泣き声が。
そんな二世をずるずる引っ張って、自転車へ。

自転車に乗ったら乗ったで、あっちへ行きたいだのこっちへ曲がれだのとうるさい。
自転車に乗って下を覗き込まれると、ふらふらして倒れそうになるのでやめて欲しい。

産まれてから徐々に、「こうしたい」なんてのが出てきていたけれど。
こんなに自我が強くなっていたとは、気がつかなかった(ウソ)
気がついてみたら、こんなことになっていたというのが正しいかな。


感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ





スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。