[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

重湯もどき (生後175日 5ヶ月と22日)

2006/03/20(月) 11:27:25 [一号(二世)] #

気分が悪くなったので、花粉症の薬を止めた私。
心なしか、気分の悪いのが軽減してきたような。

しかし、クシャミやら鼻水は相変わらずといった状態。
鼻づまりが酷くて、かなわない。
特に、夜寝ている間、苦しくなってくるのが辛い。
気がつくと、口を開けて寝ているので、イツ喉を痛めるかと、冷や冷やしていたり。

今日は、良いお天気だった。
近所の知り合いママに、メールをしてみた。
公園へ行こうか、ということになり。
というか、一人でも私は出かけていただろうけれど。
なんだか、私ばっかり誘いをかけている気がする。
実は皆、あまり出かけたくなかったりするのかな。
育児に関して、色々な考え方があると思う。
私は、人ごみへ出かけるのは嫌だけれど、人気の無いおんもへは、雨でも沢山出かけたい。

まあ、いいか。

何人かいて、完全母乳のママは、子供が火がついたように大泣きを始めたので、授乳室を目指して移動した。
ものの20分も話さなかったような。
前回の授乳から、一時間ほどしか経っていないとか。
私だったら、粉ミルクを足すかな、とか思ったり。

まあ、いいか。

そうこうしているうちに、二世がキエ~っっと、イラつく高音域で大泣きを始める。
おんもで泣くなんて珍しい。
公園だったのだけれど、知り合いのママ以外は居なかったので、母乳を与えてみたり。
しかし、それでも泣く二世。
粉ミルクを200mlほど作って与えると、全て飲みつくしてご機嫌に。
私の母乳って・・・。

まあ、いいか。


帰り道、ベビーカーの中での二世。





足




足をつかんで、へらへらしていた。




「いい加減歯が生えてきたんだから、離乳食を始めないと」と、実母。
どこかで聞きかじったのか、『離乳食を始めると、同じ時間に必ず毎日何かしらを与えなければいけない』という、思い込みがあった私。
毎日継続なんて面倒だなぁという思いがあり、来週から、明日から、そのうちね、と放置していた。
「そんなもん、できる時だけでいいのよ」と、実母。
確かに私の妹たちは、特別に離乳食というものは食べていなかったような記憶がある。


ということで、夕食時に、離乳食を与えてみることに。

炊飯器で普通に炊いたご飯。
そのご飯を少しとって。
鍋に入れて、水を適当に入れて。
(あ、多いかな、とか言って水を捨てたり)
火にかけて沸騰させながら、お玉の後ろでぐちゃぐちゃ適当にご飯を潰してみたり。
全然潰せてなくて、ご飯の粒がある状態だけれど、水はなんとなく白いなぁ位で終了させてみて。
(というか、面倒だったから)
その上澄みを、二世に与えてみた。
さじを、歯固めと同じ素材のものにして。
4~5口食べた。

そして、その残りは親が食べて終了。


こんな程度のことだったら、出来るときに適当に続けられそうな気がする。
特別に離乳食を作ることはしないで、出来るときに、有り合わせでやってみようと思った。



感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ





スポンサーサイト

Permalink | Comment: 2 | Trackback: 0

Comment

いいと思いますよぉ~♪
私も、保育園では、昼に離乳食が出てるんですが、夜はまだで、そろそろ2回食になっても良いんですがね・・。

私の友人でも、面倒!ってな訳で、最初はハイハインの煎餅で慣らしをしたようですよ!

徐々にで良いんじゃないですか~?
育児は苦労じゃなく、楽しむものです~♪

2006/03/22(水) 15:55:00 | URL | 朱夏♪ [ 編集]

そうですよね~
 ◆◆朱夏♪さん◆◆
保育園だと、離乳食もやってくれるのですね。
ほぅ~、の顔になりました。

そうですよね!
徐々にでいいんですよね~。
離乳食が、お互いに負担になってしまっては、楽しくありませんし、適当も必要ですよね!
ヽ(´ー`)ノ

2006/03/22(水) 21:36:58 | URL | 二世の母 [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。