[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

2008/01/23(水) 14:50:07 [おんも] #

朝起きたときは、ただ暗く曇っているだけの空だった。
夫が出かけるころに、雪が降り始め。

二世は、窓にはりついて跳ねていた。
おんもへ行きたいのだろうか。


ということで、8時半からおんもへ。
二世には、レインコートなどを着せて。





雪1



最初は雪を怖がっていた二世だけれど、興味津々で。





さすがに人は少なかった。
近所の小学校では、子供達が先生に連れられて学校外に出てきていた。
何の授業なのだろう?
体育かなぁ。



よく行く公園へ行ってみた。




雪2



犬の散歩が数名程度で、やはり誰も居なかった。



そろそろ私がお手洗いへ行きたくて仕方がなくなってしまい、帰途に。
向こうのほうから見たことのある人影が・・・と思ったら、二世より一つ上でおんも派の男の子親子だった。
お互いの姿をみて、思わず笑ってしまった。
やはり、こんな日でもおんもに出るのねぇ。


家に帰ると、10時半を過ぎていた。


感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ





スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。