[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

乳腺炎

2008/12/05(金) 15:29:37 [私の体調] #

昨日の夜、右側のおっぱいの外側になんとなく痛みを感じた。
そういえば入院中も、こういう痛みはあったなぁなんて思いつつ。
寝ようかという頃になり、なんとなく身体がだるいような。
身の置き所がないというか、肩が痛いような、なんだかな。
いったん眠り、2時ごろ二号が泣いて起きた。
なんだか寒い、関節が痛い。
なんとはなしに熱を測ってみると、38度近くあった。
授乳しようとして、右側のおっぱいを触ると痛い。
こ、こ、コレはもしかして・・・。
乳腺炎かもしれない。
とりあえず、熱が出たときに冷やすシートを貼り(入院中に、看護師さんが買って来てくださったもの)
寝る。

明け方、またも二号が泣いたので、授乳に起きる。
が、辛い辛い。
熱はゆうに38度を越えており。
とにかく飲ませたほうがいいんだったかなぁと思いつつ、飲ませ。

朝になり、夫に相談を。
夫は、自分の実家のゴタゴタ関連で、実家に行かねばな日で。
とにかく、どこか病院へ行ったほうがいいだろうということになり。
あうー、しんどい、辛い。
食事の支度がオソロシク辛い。
とりあえず何かをでっち上げ、横になり。
起きてきた一号に食べさせて、洗濯だけはスイッチを入れて。

出産した病院に相談の電話をかけてみた。
どんな病院へ行ったらいいのかを相談してみたところ、最終的には先生が出てくださって。
おっぱいが熱を持っていないか、赤くないかを聞かれた。
なんとなく熱く、なんとなく赤いおっぱい。そして、痛い、と答えたところ。
乳腺炎は、切開しなければなところまでいっているかどうかがポイントだそうで。
とにかく冷やすこと。
悪いほうのおっぱいは、あげないこと。
まだ間に合うかもしれないので、病院へ行って抗生物質を処方してもらうようにとの指示。
お産を扱っている産婦人科か、それができなければ外科でもとのアドヴァイスだった。

そうかそうかと、近隣のお産を扱っている産婦人科に電話をしてみた。
まず一軒目の個人病院Aは、「当院でお産をされていない方のフォローはできません」とのこと(泣)
病院のHPには、乳腺外来もあるって書いてあったのに、のに。
紹介はできるとのことで、聞いてみたところ、助産院をいくつか教えてもらう。

助産院では、抗生物質が手に入らないなぁ・・・と、近所のトモダチに教えてもらった、チョット遠い個人病院Bに電話。
なんとそこは改装中で、休診中とのこと。
も~あかんと絶句していたら、「ウチの助産師にできるかどうか聞いてみましょうか」とのことで。
折り返し電話をいただけるとのことで、待っている間に、産婦人科と小児科だけの比較的大きな病院Cへ電話を。
さすがに大きな病院だけあって、「まーいらしてみてください」とのこと。
どうしようかと思っていると、個人病院Bから電話がかかってきた。
午後1時に、助産師さんが来られるとのことで、タオルを持って来院してくださいとのこと。

個人病院Bでは、もしかしたらクスリが出ないかもしれない。
どうしようどうしようどうしようと考え、午前中の間に大きな病院Cへ行ってみることに。
初診でなので、待つんだろうなぁ。

タクシーを呼び、一号におしっこをさせて最低の食料のパンを持って、二号のベビーカーを出してママバッグにぎゅーぎゅー荷物を押し込んで出かける。
病院は混んでいた。
しかも、院内はベビーカー禁止とかで、二号をずっと抱っこしていなければで。
どこでも横になりたかったけれど、椅子が空いていなくて、なかなか横になれず。
というか、二号を抱っこしている時点で横になるのは難しいし・・・。
10時過ぎごろ病院に到着したが、12時になっても呼ばれる気配はなく。
初診の人達は、後回しになるようで(ま、それが普通なのだろうけれど)
これでは、個人病院Bの1時に間に合わないと青くなり、個人病院Bに電話をして、時間を2時に変更してもらい。

待って待って12時半くらいに助産師さんに呼ばれておっぱいを出してみたところ、「乳腺炎デスネー」とのことで。
マッサージしますか?どうしますか?と聞かれたけれど、個人病院Bへ行く旨を話し、クスリだけ貰うようにお願いをし。
それからまた待ち、1時前にようやく診察。
あ~も~なんでもお願いしますってことで、終了。
ま~たそれから会計までが待ちますのよ(涙)
タクシーをあらかじめ呼んでおき、ベビーカーを準備し、一号に「二号を見てて」と言って雑用をし。
30分ほど待ってようやく会計&クスリ。
1時半に、病院を出ることができた。
大汗でタクシーに乗り込み、移動し、なんとか約束の時間に個人病院Bに到着。
用事を終えた夫も合流してくれて、一号を外に出してくれて。
改装中の病院へ。
女性が二人いるなぁと思ったら、お一人は助産師さんで、もう一方は先生だった。
助産師さんにおっぱいを見てもらうと「乳腺炎ね、お母さん無理したんでしょう」と言われ、ちょっと涙が出そうになった。
さすがに疲れているんだなぁと実感。
右側のおっぱいの一部がかたくしこりになり、赤く変化して、熱を持っていた。
コレが乳腺炎なのか。

マッサージをしてもらうと、随分痛みはラクになった。
先生も様子を見て、これはクスリを飲んだほうがいいわね、ということで、またもクスリを入手。
また何かあったら来てね、とのお言葉。
イイ病院だなぁ。
最初から、ここだけにくればよかったんだろうけれど病院Cも、行ってみなければ分からないし。
この個人病院Bは、改装後はお産をやめてしまうそうで・・・。

夫がクルマを出してくれたので、へろへろ乗り込み、帰宅。
帰宅したとたん、疲れがどっと出たのか酷い悪寒がして倦怠感がものすごく、立ち上がれなくなる。
がたがた震えながら布団にくるまっていると、大雨&大風の天気になる。
熱も、39度近くまであがり、なかなかやってくれるなぁ。

一号は、本当によくやってくれた。
あんなに待ったのに、少し文句を言ったくらいで、後は大人しくしていたし。
ああ、リバウンドが怖いな。

よく吸わせるようにとのことだったので、お風呂のあとも母乳で頑張ってみたけれど、頻会授乳でしんどい。




感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ




スポンサーサイト

Permalink | Comment: 2 | Trackback: 0

Comment


大丈夫ですか?
私も産後、乳腺炎になって、いきなり39度の熱が出て、おっぱいがミミズ腫れみたいになりました。
すごい痛いし、つらいですよね。あの時のこと思い出しました…。
ネットで調べて、とりあえず翌朝までキャベツの葉っぱを貼ったり…その時は必死で。
朝食作ったり洗濯したり、すごいです!
1号くん、よくがんばりましたね。そこでグズられたらもう…ですよね。
子供二人連れて、自分も具合悪くて病院行くって、想像するだけで大変そうで泣けてきます。
無理をせず…って言いたいけれど、それも難しい話ですよね。お大事に…。

2008/12/21(日) 13:46:40 | URL | みゆきママ [ 編集]


>>みゆきママさん
ありがとうございます。
乳腺炎は、熱だけなので、風邪で38度よりも身体はラクでした。
そうそう、みゆきママさんの乳腺炎の記事を思い出してましたよぅ。
時間がたつと、結構赤さが増してきますよね。
でもでもやっぱり熱だけなので、具合悪いといってもたかがしれていて今回はナントカなりました。
複合的に具合悪いときのほうが、もっと大変だろうなぁとガクブルです。
子供から風邪うつって、子供も具合悪いとか・・・。

2008/12/25(木) 08:31:07 | URL | 二世の母 [ 編集]

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。