[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

誤飲

2009/05/26(火) 15:38:47 [二号] #

こっぱいは、触ると痛いけれど、飲まれたときの痛みは消失。
熱も、平熱に。
これで、治った!良くなった!と、思いたいところだけれど、ここまで繰り返している私には、また次の新たなる乳腺炎への一歩だなぁと、マイナスのイメージしかわかない。
今度は、どっちのこっぱいのどこらへんが痛くなるのかなー♪


洗濯物を干して、ちょっとまったりしてしまい。
階下で、一号と二号の声が聞こえていた。
一号が、狂ったように笑い転げ出す。
ナニをやっているのかなと、そこで見に行けばよかったのだけれど、放置。
「あ~二号、お腹がすいているから食べるんだね~ははは~」と、一号の声。

な、な、ナヌ? 「食べた」だと!?


と、階下へ行ってみると、二号がおむつかぶれにつける軟膏にまみれていた_| ̄|○  
そこらへんに軟膏がこぼれており、手もべちょべちょ。

あああっ口はっ!と思って見てみると、ちょっと分からず。
いけないこざる母親でした。゜(゚´Д`゚)゜。

誤飲だ、誤飲だ、軟膏だ・・・。

慌てて一号に聞いてみると、どうも手に取ったのは二号自身で、一号はフタを開けてあげたと言っていた。
き~き~一号に激怒したけれど、よく考えてみたら、こんなクスリを手の届くところに置いておく私がいけない。
一応、テーブルの上に置いておいたのですが_| ̄|○  

大反省。

誤飲110番に電話しようかと思ったけれど、確か危険な項目に軟膏はなかったような気がして、様子を見ることに。

近頃四つんばいになって、足を突っ張ってがくがく出来るようになり、なによりもどうやって動いているのか知らないけれど、動き回れるようになった二号。
目が離せなくなったなぁ・・・。

あああ、一号は、10ヶ月くらいまでお座りの姿勢から、殆ど動かなかったというのに・・・。



とりあえずクスリなどは、二階にあげた。


なんて書いている間にも、オムツバケツを開けている音が・・・。


感じるモノがあったら、( ´∀`)つθ




スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。